寿音楽

Kotobuki sounds たけの音楽発信。笑顔を届けに参りまする。

カテゴリ: 徒然

この5月はステージの機会が多くて、しかも僕が歌うパターンばかりでした。
路上ライブスタンスも再開し、そこでもピンで弾いて歌ってます。




女性ボーカルで進めるアプローチでここ最近やってきました。
ちかぼん以外にも声をかけ歌ってくれる人を仲間にし、僕が歌う機会を減らしてきたのですが、この5月はそれも回らなくて、結局僕が歌うこととなったのでした。

僕自身、自分の歌に自信があるわけでもなく、なるべくなら歌いたくは;ないのですが、でもこの5月はそんな歌う機会が増えた。
でもこれは何かの思し召しかとも思ってみたり。
こうなることに何某かの意味があるとしたのならそれも受け入れるしかない。

無理をせず、あるがままを受け入れ、なるようになっていく。
それが自分にとって何か意味のある事なのだとしたらね。
しかしそんな中でも当然全力は尽くします。
僕の出来得る最高のモノになるようにね。


今度の25日(土)の新名神土山SAでの週末パフォーマーイベントステージでも僕が歌うことになりました。
ぴえさんと相談しながらセットリストをあらためて考えていこうと思ってますが、今回はこのゴールデンウイークの時や帰帆島の時の僕たちのステージと違ってカバー曲を多目にしようかと思ってます。
より一般のお客さんを惹き付けるアプローチにするのにカバー曲がいいかと考えた。




それとまだ僕の中の思い付き段階ではありますが、ギター以外の楽器をもうちょっとフューチャーできないかと。
ウクレレに加えパーカスですね。
特にジャンベだとかコンガだとか。
ただ僕がそれをやっちゃうと歌はどうするねんってなるので考えどころですね。
どういう形でフューチャーするのかがね。





4月以降毎週路上にも行ってきました。
そこでは僕自身の認知を広げ音楽教室へ誘うのがひとつの目的でもあります。
ということでもっとその場でプレイする楽器を増やしたいんだけど、でもそうすると今度は荷物がまた増える事になる。
1人で持っていける荷物の量には限界もあるしね。
そんなところをどう解決し実現にもっていくかですね。



5月7日の甲西駅での路上アクトより。







路上アクトに定期的に赴くルーチンを4月から再開しています。
目安は週一。
その週のレッスンの入ってない夜の日を選んで赴くことにしています。
仕事終わりに駅前でするべく赴くのは守山駅、草津線甲西駅。
今のところはね。




過去に色んな駅に行ってきて一番自分と相性のよさげなところをチョイスしてて、それが前述の駅。
他には能登川駅、近江八幡駅とかが続く感じです。
この4月から路上活動を再開してからは守山駅にまずは何回か赴きました。
そして先週は甲西駅。
今日も仕事終わりに甲西駅に赴いたのでした。



515

Twitter動画はこちら



音楽教室生徒募集の登り旗は必須ですね。


今日はピンクのテレキャスでいきました。
19時頃から21時半くらいまでぼちぼちと。
途中高校生の女の子が近くのベンチで座って聞いてくれてたのでフライヤーを手渡しました。




ループステーションでコードバッキングをさせ、それをバックにギターソロを弾くアプローチを中心にし、時折歌う的な感じ。
近くで誰かが聞いてくれてる時は歌モノを入れたり。
若い子がいる時は「にじ」を歌うようにしてみました。





また来週も路上に行こう。
今度は違う駅にしようかなぁ…。


ギターに取り組み出すようになって10年を越えました。





50代になってからようやくギターに取り組み出したのですが、やはり同年代の人たちが中高校生の頃に当時流行ってたブリティッシュロックに感化されてギターを弾き出したのに比べると遅きに失した感は否めません。

自分には無理だと思い込みチャレンジするのを諦めてた当時の自分を叱責してやりたい。

そんな僕が50代はじめにようやくギターに取り組みだし10年ちょっと経ったということです。




とは言え、63歳の自分がまだキャリア10年ちょっとである事実は仕方ないとしてこれから積み重ねていくしかないのは受け入れるしかない。
今はどっぷりとはまってはいるので、日々少しずつでも弾き続けていくしかないと思って取り組んでます。
同年代ギタリストのプレイには全然及ばない自身のスキルは負い目にはなってますけどね(^_^;)



そんなどっぷりはまってるギター、僕の場合はエレキギターですね、の僕自身のアプローチはやはりソロの弾けるプレイヤーを目指してるところがあります。
シンガーとしてのギターじゃなくてギタリストとしてのそれですね。

日々時間があれば自宅裏のスタジオにこもってギターを弾いてます。
もっと上達したいと願いながらね。




そんな僕のギターの練習の成果を確認する場にもなってるのが路上アクトというわけです。
明日は草津線甲西駅に19時半頃に赴く予定です。



5月15日(水)19時半~
KotobukiSoundsたけ 路上アクト
JR草津線甲西駅にて


20240507_194447

お時間の合う方はぜひ!



この土日はイベント2連チャンでちと疲れはしましたが、でも楽しく過ごせた二日間でしたね。





土曜日の339ライブではいつもはsecond rooms で開催されてるイベントなのですが、今回は取れなかったようでモダンタイムスに会場を移動しての開催となったのでした。


毎回この339ライブは大勢の皆さんがステージを踏むイベントになっており、今回も13時から21時頃までの8時間にもおよぶ長丁場イベントになりました。
さすがに最後のほうはちょっと疲れてきて正直なところテンションも下がり気味ではありましたけどね。

でも新たにお出会いした方もたくさんいらっしゃいます。
そんな皆さんとはつながれる大事な機会です。
連絡先を交換したりSNSでつながったりと有意義な時間になりました。
ありがとうございました。



S__52445196

339ライブでは共演者の方のサポート出演があるのも一つの魅力です。
三上さんにドラムを依頼されて三上さんのオリジナル曲に合わして叩きました。
他にもベース、アコギ、ピアノもサポートで入られ、まったくリハなしで本番に臨むという恐るべきアプローチでしたが、でもそれなりにまとまったというのが面白かったですね。
他のメンバーの皆さんも手練れの方々ですから、個々にちゃんとやっておけば本番でぶっつけでもそれなりになるということなんですね。
皆さん、お疲れ様でした。





4274B154-6F6F-4C3A-A4C0-D4A555AAADD1






日曜日はこれまた僕とぴえーるの二人音蜜によるステージ。
5月だけでもこの二人音蜜アプローチは4回目になります。
これだけやってくると段々とこなれていくというか、なんかまとまってきて、ステージングもそれなりになっていったのでした。
S__32563284




特に僕にとってはギターソロが大きな課題ですから、そこがステージでそつなくプレイできるかというのは大きな命題になっています。
そんなところが始まる前の不安なポイントでもありましたが、実際ステージしていくとそこが安心に変っていったのでした。
完璧とは言えませんが、でもミスは少なくなってきたと思います。
この調子で伸ばしていきたいなぁ。




それとワイヤレスシステムが土曜日に届いた。
それを試す機会にもなったのでした。

wireless

自宅で試した時は大丈夫かと思ったのですが、本番ではちょっとノイズが出たりして少し「あれ?」って思った場面もありました。

その後また自宅で確認しますが、大丈夫でした。
これからまたイベントステージで使っていこうと思うので、様子をみていこうと思います。




さて次の予定は5月25日の土山SAでの野外イベントステージです。
またそれに向けて準備していこうと思います。



昨日は甲西駅に路上アクトに行きました。




やはり反応頂く方があるという事実は行くことへの意義を僕に示してくれる機会になっています。
ご縁を紡いでいき、それが音楽教室へ発展していく機会につなげたらという思いが今は大きいです。

あらためて周りを見渡しても同年代で路上にコンスタントに行ってる人なんていないのでかなり異質なのかとは思います。




でも思い返してみても甲賀で音楽カフェをやり、そこでライブイベントを定期的にやってたのも今から20年前にやりだした頃にはそんなことを滋賀でやってる人ってライブハウス以外ではほとんどいなかった。
いや、京都や大阪では当たり前にやられたのにね。
しかし、滋賀ではほとんどなかったことに目を付けて僕はやりだしたのでした。
そして参加型のイベントとして飛び入りライブも当時始めたのですが、それまた滋賀では皆無でした。
とにかく音楽できること、音楽に触れる事をもっと身近にしたいと思ってそんなあれこれを始めて、段々と根付いていったことも感じましたし、広がっていったのも感じながら10年続け、やがて廃業しました。


路上ライブはそんなお店をやってた時に宣伝の意もこめてやり始めました。
近江八幡駅にも行きましたし、草津駅も。
そして草津線各駅を巡ってみたり。
それはお店の認知へとつなげたいという思いもあった。



当時路上ライブは世間でゆずとかがブレイクした頃に滋賀でも爆発した時があります。
特に近江八幡駅前や草津駅前はすごかった。
駅前ロータリーとかが路上ライブをする人で溢れかえってましたから。


僕はちょっと流行ってた時期を過ぎて下火になっていってた頃にやり始めました。




お店をやめて数年が経ち、その時にやってたユニットの活動の一環で再び路上アクトを再開しました。
そのユニットを辞めてからは今度はピンで路上を再開します。
しかし、またまたやめてしまいます。




そうやって幾度となくやってはやめてみたいな感じで繰り返してきました。
しかし、そうしてやってきて思うのはブームを過ぎてからは、滋賀で精力的に路上をやってる人にはあまりお目にかかりません。
ブームが過ぎたらもうやらない?

ホントにたま~に出会う時があるくらいで。
ほぼ他の演者さんとやってるところでかち合うことはない。
もっと広がればいいのになぁ…。


これからはまたコンスタントにやっていこうと思っています。
気になる方、ぜひ遊びにお越しください。
一緒にやろうという方も大募集です!





昨日の路上から「ONGAKU」を。





音蜜奏新のニューアルバムにも入ってる曲ですが、そちらではウクレレ弾き語りバージョンです。
それをエレキギター弾き語りバージョンでやってみました。


そのウクレレバージョンはこちら。




随分と趣きが変わりましたね。


最近よく話題になるAIなんだけど、便利な半面、使い方によっては人にとってはすごく危険な側面を抱えてますね。
そんなところも今は議論され法の整備も進めようとされてはいます。





すでに世に出回ってる商品の中では一番携帯電話(もはや電話ではなくなってますが)にそんな技術が注ぎ込まれてます。
特にカメラ機能の進化は凄まじく、記念撮影しといた時の顔が気に入らないからすげ替えるなんて機能は僕はいらないと思いますが如何でしょうか。
それやったらもはや記念撮影の意味がないですよね(笑)



背景に写ってるいらないものを消すという機能も、一般の人が記念撮影をするレベルではやってはいけないとまで思いますね。

その時その場に居合わせたものをアングルに納めるのが記念撮影。
いらないものもアングルに含めたものが結局は後々に思い返せるツールになりますからね。
いらないものを全部消してキレイなものだけにしてしまうというのでは思い出に深みがなくなるかと。



便利だ便利だと浮かれてはまってばかりいると、やがて自身の思考やクリエイティビティが停滞するどころか停止してしまうというのも実感します。

生成AIで曲を作ることも出来るんですね。
これが作ってくれるだけならまだしもハイクオリティでレコーディングまでできてしまい、出来上がったものを見聞きしてるとクリエイターの立場で考えた時にちょっとそら恐ろしいものを感じてしまいます。
アーティストの値打ちを下げてしまわないかという面で危惧する部分は大きいです。

出来上がった作品?のクオリティが非常に高くて、もし悪意を持った人がそれを自分のオリジナルだと言いはってそれを公開した時に一般大衆にはまず見分けはつかないだろうし、信じてしまうだろうなというのは感じました。




今の世の中の文明発達により様々な分野がより身近になっていったことで今までなら一般大衆では踏み込めなかったところにも気軽に踏み込めるようになったことってたくさんあります。
そのおかげでより楽しみが増した側面はありますからそういった進歩により楽しさは昔に比べてかなり増えてるかとは思います。

しかし今のAIの進化はもはやクリエイターの粋にまで土足でズカズカと入り込んでる側面もあり、この分野を生業にしてた人にとっては自身の存在意義が価値のないものなってしまい、消えていく運命へと追い込まれていくことにつながっていくかとも思います。
そしてそういうことがやがて人類の思考能力の低下にもつながっていく。



あらためて便利なツールにどう向き合わないといけないのかというのを考えないといけないというのを痛感しました。









さて明日は京都向日市second rooms にてライブイベントがあります。
僕は音蜜奏新(たけ&ぴえーる)で出演します。
お時間の合う方はぜひ!



●5月5日(日) ■ 「ウクレレCafe@Second Rooms」 ●出演: 音蜜奏新 / 'olu’olu LemonTea / かもレレ ●17:00 open 18:00 Start ●参加費¥1,000+¥1,000(2dr込)=¥2,000 ●場所 Second Rooms 〒617-0002 京都府向日市寺戸町西田中瀬3-4FORUM東向日1(3階) ●電話 070-5666-1081 ●E-Mail secondrooms@live.jp ●HP http://www.ilfmusic.com/secondrooms.html 〈本番〉 18:00-18:25 音蜜奏新 18:30-18:55 'olu’olu LemonTea 19:00-19:15 かもレレ 休憩 19:30-20:30 飛び入り&セッション 20:30-20:45 全員演奏(歌は歌える参加者) ※上を向いて歩こう キーC  ※オー・シャンゼリゼ キーC 


20240317_234923

今日は愛東マーガレットステーションでアコースティックライブというイベントがあって音蜜奏新(たけ&ぴえーる)で出演してきました。


たくさんの地元アーティストの皆さんとの共演はとっても楽しい時間になりました。

音蜜はちかぼんがゴールデンウィーク中は都合がつかないということだったので、僕とぴえーるとの二人でのステージになりました。

セットリスト

①SUSPENDED4
②下水道のうた
③マンホールは何のため?
④ウクレレレ
⑤手巻き寿司のブルース
⑥プリティ忍者でござる スローバージョン


①はやるのは久しぶりですね。
特にちかぼんボーカルではやらない曲もなるべくチョイスするつもりで今回のセットリストを組んでます。
実は「じゃがー」も入れるつもりだったのに譜面を忘れたため出来ず。
急遽「マンホール」が入りました。

ギターソロはSUS4と手巻きとプリ忍で入れてみました。
いつも自宅スタジオで弾いて練習してるんだけど、やっぱり本番では手が硬直して上手く弾けません。
まだまだ練習が足りないね。
頑張ろう。






それから今日はめっちゃ嬉しいことがありました。
最後のフォルクローレのロスチャカスさん(仲さんのグループ)を観に来られてた人とぴえさんが喋ってて、しばらく喋ってるなぁなんて思って遠巻きに見てたんだけど、しばらくしてぴえさんが僕のとこに来て「たけさんと歳が一緒みたいですね」って言って僕に紹介してきてくれました。
で、僕も話してるうちに高校時代の同級生であることが判明したんです。


440450332_7427589634026554_785691838447443150_n


高校時代にはあまり仲良くしてたわけではないんだけど、ちょっとやんちゃで目立っていた彼を何となく眺めてた感じはありました。
でも文化祭でギターを弾いたりしてたのもしてたのも観ててかっこいいなぁとも思ってました。

で、話してると今もギターをやってるとのこと。
ぜひ一緒に遊びましょう!ってなったのでした。
連絡先も交換しました。
同い年なので、タメで喋ろうよと言ってくれました。
いや~、ホントに嬉しい~

これはある意味仲さんのおかげです。
仲さん、ありがと~



20240503_141122

ロスチャカスの皆さん。



世間はゴールデンウィークでずっと連休で休みの人も結構いらっしゃるのでしょうか?





僕はカレンダー通りでさえなくて自らの都合で休みが欲しい時には申請を出して調整してもらい休む感じです。
基本的に毎回休みなのは日曜日だけ。
そんな感じなものですから、ゴールデンウィークの休み感みたいなのは僕の中では皆無なわけです。



そんなゴールデンウィーク中の3日と5日にイベント出演が決まってます。



5月3日(金・祝) [start] 11:00〜15:00頃 [place] 道の駅 あいとうマーガレットステーション(屋外イベント広場)



●5月5日(日) ■ 「ウクレレCafe@Second Rooms」 ●出演: 音蜜奏新 / 'olu’olu LemonTea / かもレレ ●17:00 open 18:00 Start ●参加費¥1,000+¥1,000(2dr込)=¥2,000 ●場所 Second Rooms 〒617-0002 京都府向日市寺戸町西田中瀬3-4FORUM東向日1(3階) ●電話 070-5666-1081 ●E-Mail secondrooms@live.jp ●HP http://www.ilfmusic.com/secondrooms.html 〈本番〉 18:00-18:25 音蜜奏新 18:30-18:55 'olu’olu LemonTea 19:00-19:15 かもレレ 休憩 19:30-20:30 飛び入り&セッション 20:30-20:45 全員演奏(歌は歌える参加者) ※上を向いて歩こう キーC  ※オー・シャンゼリゼ キーC


お時間の合う方はぜひ!











今はエレキギターをメインにアプローチしています。最近エレキギターをいくつか買い求め、それらをローテーションしながら使ってます。
ブルーのアイバニーズが一番最新ギター。
その前に買ったのがピンクのテレキャスター(プレイテック製ですね)。

で、それらのギターと以前中古で買ったストラトキャスターの3本を順繰りつかってるとね、やっぱストラトが一番弾きやすいという結論に達した。

抱えた時の感じだけでなく、例えば個体の持ってる機能性みたいなものですね。
ギターを抱えた時にジャックにケーブルを差し込むのにジャックが本体の表側にあるのがまずはいい。
ギターを提げてる状態でジャック穴が見える。

これは他のギターは本体下部の側面についてるので、ギターを提げた状態だとジャック穴が見えないんです。
これだとケーブルをさす時に本体を持ち上げジャック穴を見えるようにしてでないと差し込みにくいというわけなんです。

ストラトはね、ジャック穴が見えてるからサッと差せる。
これはこのギターをチョイスしようという大きな理由にもなり得る。



あとはトレモロアーム。
青のアイバニーズのトレモロと比べてもやはり操作性がいい。



20240210_170222 b


うん、次に買う時は絶対にストラトにしなきゃ。


さて大きなイベント(びわこジャズ東近江2024)が終わり一段落。

あらためて少しずつですがまたまた色々と前進していきます。






まずはかねてよりネットつながりで依頼頂いてたジャンスマの「おなじ星」のギターパートレコーディングにかかっていかないといけません。
ジャンスマ、JUNGLE SMILEですね、には一時期はまってたので曲もよく知ってる曲ではありますが、でもコピーもカバーもしたことはないのであらためてよく聴いてギターパートをまるっと細部に至るまで把握するところから始まります。
ということでまずは譜面を興します。
譜面と言ってもコードと歌詞の記されただけの1線譜ですが。

これでコードと小節の割り振りはわかります。
まずはバッキングをこれを基に録っていきます。

そしてあらためて原曲をよく聴いてギターのフレーズを耳コピしていこうと思います。


onaji




このゴールデンウィーク中にライブ予定が2本あります。
音蜜奏新ででるのですが、ちかぼんが都合がつかなくてぴえさんと二人で出る予定です。

ひとつは5月3日に滋賀は愛東マーガレットステーションにて。
そしてもうひとつは5月5日に京都向日市second roomsにてウクレレイベントに。
いずれもぴえさんと二人で出るのに、どんなアプローチでいくのか考えないとと思ってますが、あまり日もありませんが、まぁなんとかなるかとも思っています。

明日の夜にぴえさんとうちのスタジオでリハをする予定なのでそこで決めていこうと思います。


5月3日(金・祝) [start] 11:00〜15:00頃 [place] 道の駅 あいとうマーガレットステーション(屋外イベント広場)





●5月5日(日) ■ 「ウクレレCafe@Second Rooms」 ●出演: 音蜜奏新 / 'olu’olu LemonTea / かもレレ ●17:00 open 18:00 Start ●参加費¥1,000+¥1,000(2dr込)=¥2,000 ●場所 Second Rooms 〒617-0002 京都府向日市寺戸町西田中瀬3-4FORUM東向日1(3階) ●電話 070-5666-1081 ●E-Mail secondrooms@live.jp ●HP http://www.ilfmusic.com/secondrooms.html 〈本番〉 18:00-18:25 音蜜奏新 18:30-18:55 'olu’olu LemonTea 19:00-19:15 かもレレ 休憩 19:30-20:30 飛び入り&セッション 20:30-20:45 全員演奏(歌は歌える参加者) ※上を向いて歩こう キーC  ※オー・シャンゼリゼ キーC 


今週木曜にまたまた路上アクトに赴こうと思ってます。
場所はまだ決めてません。
どこに行こうか…。







明日は仕事は休み。
昼間はすなひ宅への訪問ギター教室です。


天気がよかったら車を洗いたいななんて思ってるんだけどね。



音楽を奏でることを嗜好としてやってきて、あらためて楽器の楽しさを味わえる幸せを思います。





僕は歌も歌いますが、あくまで楽器の一つとして捉えてるので、ボーカリストとしてやっていきたいとは思ってません。
むしろ歌ってくれる人がいるのならそのバッキングに徹したいというのが一番です。
誰もない時はやむを得ず歌う、くらいのスタンス。





そして今はギター沼にはまってます。
日々ギターに触れてますし、もっと上達したいというのが僕の中を占めてますね。

ただ鍛練みたいになるのは嫌で、日々少しずつ前進し、例え遠回りでもいいというところもあったりして、上達はなかなかなところもあります。
あくまで楽しみながらというのがベースになってます。


そんな中ループステーションは大事なギターを楽しむためのアイテムになってます。
任意のコード進行をバッキングしそれをサンプリングループさせ、それをバックにギターソロを弾くというスタイルは日々練習として取り組んでます。
そして路上アクトの時でもそれを披露することで一人で路上アクトをする時でも僕のギタープレイに厚みを持たせてくれてます。


20240425_201423


今日は仕事終わりに守山駅に路上アクトに行ってきました。
今日は一人でのアプローチでしたが、それなりに得るものはありました。

これからもコンスタントに路上に赴きたいと思います。


higashioumi jazu2024音蜜版ブログ用


4月27日は東近江のジャズフェスに音蜜奏新で出演します。
お時間の合う方はぜひ!


昨日は仕事終わりにまたまた守山駅に赴きました。
オオハシアツヨシくん等が駆けつけてくれて三人での路上アクトとなり賑やかなアプローチになりましたね。





路上アクトでは今の自身のバンド、音蜜奏新とは違うアプローチにするよう心がけてます。
バンドメンバーは参加してないのもありますしね。
あくまで僕のソロ活動というスタンスです。


で、やる曲はいつも自宅でループステーションでコードループにのっけてギターソロの練習してる形の延長みたいなスタンス。
なるべくシンプルで循環コードを繰り返してのアプローチですね。


特にいつもは一緒にやってない人と即興で合わさないといけないところもあるので、あまり複雑にならないほうがいいですものね。
シンプルで、初めて合わすのにもわかりやすい形。


特に便利なのはブルース進行。
パターンが定型化してるので、初めて合わす人とでもすぐにやれますし。

そしてそこに即興で歌をのっけていくというのが楽しくて。
思い付くままにその場で作詞、アドリブで歌っていくのをよくやってます。

○○○ベイベーというワードがアツヨシくんとやる時には主流になってて、なんでもかんでも言葉尻にベイベーを付けて歌ってたりします。
これが楽しくて。

守山駅前なので守山駅ベイベーというわけです。



それから合間に入れるギターアドリブソロはスライドを多用しています。

以前よりずっと取り組んできたスライドギターアプローチです。
これを僕のトレードマークにできればと考えます。





色々と試せるのも路上アクトのいいところ。
誰も足を停めてもらえない時は練習の機会になりますから。
前述のようなお遊び的アプローチって楽しいしね。


そして人が近寄ってきてくれたら宣伝のアプローチをすればいいのですから。







また来週行こうっと。






higashioumi jazu2024音蜜版ブログ用



びわこジャズ東近江に音蜜奏新で出ます!
ぜひ遊びにきてください~




正式ポスター


honmachi



今はもっと人との出会いを演出しないとと思っています。
音楽教室を広げたい思いは人とのご縁をどれくらい紡げるかにかかってるかと思われます。
色んなご縁の機会が多いほどに予想外の展開があるかと。






そこにどんなご縁があるかはわかりません。
なのでそんな機会があれば漏らさずに乗っかっていかないとと思っています。


昨日も誘われたのが中高生たち対象のスポーツクラブ。
リズム感を養うアプローチの中でリズムを楽器で奏でて欲しいというものでした。
某かのチャンスかと信じて行こうと思ってます。

また今週金曜日にレッスン生の方が主宰される音楽サークルがあってそこにも顔を出そうと思ってます。






そして再開したのは路上アクトアプローチ。
久しぶりに赴いたのは守山駅なんだけど、やっぱり行ってよかったなっていうのをすごく思いました。
初めて出会った人にフライヤー、チラシ等を渡せる機会は、ただビラ配りしただけではなく生演奏を見て頂いた上での宣材なのでやはり効果は大きいと思っています。


渡した人全てがこちらに向いて下さるとは思ってませんが、それを繰り返していくことでやがてつながっていくと思われます。




今日は仕事終わりに守山駅に路上アクトに赴きました。
オオハシアツヨシくん等が駆けつけてくれて賑やかで楽しいひとときになりました。
何人か人が近寄ってきて下さり、チラシも何枚かお渡しできました。

20240418_211646


20240418_213848

きっと大きな輪に広がっていくと信じてこれからもアプローチしていきます。

ありがとう。




また来週平日夜にでも赴こうと思います。
今度は違う駅にしようかなぁ。



僕自身の音楽活動は20歳の頃からでドラムからスタートしています。
バンドへの憧れと身内にドラマーがいたりして子供の頃から身近で見たりしてた影響もあったしね。






その後ピアノ弾き語りをするようになり、ウクレレに手を出したあとギターに移行していきます。


ギターで弾き語りをするということで最初はアコギからスタートしました。
紆余曲折を経てピンでアコギ弾き語りするのが自身のスタイルになりましたが、やはり一緒にする人というのを求めてたのはバンド志向があったからかと。


やがてぴえーるとの出会いがあってこれまた紆余曲折あって今の音蜜奏新へ進化していきます。
ぴえさんとのご縁はぴえさん自身もバンド志向であったこともあり、常にバンドメンバーを求めてきたというのがありますし、その頃からアコギから離れていき、エレキギターが僕のメイン楽器になっていきます。
音蜜奏新は僕とぴえーるとの二人のポップロックユニットとして活動を進めます。








最初の頃はギターソロとかは出来ませんでしたが、徐々に練習を重ね、少しずつ音源の中でギターソロを弾いていくようになります。
スライドギターもわりと早い段階から取り組んできましたし、最近ではだいぶ弾けるようにもなってきました。
何度も録り直しができる音源の中ではわりと大々的にプレイしてみたり。

そして慣れてきてライブステージでもギターソロを弾く頻度を少しずつ上げてます。




20230331_230308


今や僕にとってのギターと言えばエレクトリック。
アコギでライブステージに上がることはほぼありません。
弾き語りの時でも、路上に行く時も。
ほぼエレキギター。
それはたぶんこれからも変わらないかと思います。
エレキギター沼にどっぷりと浸かってるというわけです。




ただ、今の僕たちのステージでアコースティックセットの時はなぜかウクレレです。
そのサウンドと携帯性に富んでるというのがその理由です。

20230228_235219




エレキギターとウクレレ。
これからもこのスタイルは僕自身を象徴するものとなって続いていくと思います。





higashioumi jazu2024音蜜版ブログ用




先日、人と話してる中で本当に達成したいことがあるのなら、そのことに的を絞ってとことん追求しないとという話になりました。



そっかぁ、そうだよなぁ、僕は欲張りなんだよね。
バンドは楽しくて今は充実してます。
長年願ってて叶ってきてるところが大きいから。
そこに加え音楽教室を拡充したい思いも持ってて。

しかしなかなか思うように広がっていかなくて焦せる気持ちがあったりします。

しかし、前述の話で考えてみると音楽教室だけに的を絞れてないからってなりますね。

じゃあ、この楽しいバンド活動をやめる?



いやいや、それはできないなぁ…。
せっかく手にした今のバンド活動スタンスは今まで一番最高の時間を提供してくれてるしね。


じゃあ、音楽教室を諦める?
いや、それもできないなぁ。


とにかくやっぱり頑張るしかないよね。

自分ででき得る音楽教室拡充アプローチをもっと考えなきゃ。
うん、まだまだ努力が足りないんだろうということかと思うので。





バンドも教室も頑張りマス。



ということでバンドの告知を。



正式ポスター


higashioumi jazu2024音蜜版ブログ用




びわこジャズ東近江に音蜜奏新で出演します。

観覧無料です。
お時間の合う方はぜひ!




昨日は久しぶりに路上アクトに守山駅まで赴きました。
まりあが応援に駆けつけてくれたのもあって楽しくできたのもあり、久しぶりに路上アクトを定期的にやるというスタンスを再開しようかと思ってみたり。





ひとつは音楽教室拡充につなげるための僕自身の認知活動でもあります。
今年の初めに立てた目標を年内に達成するためのひとつの手段として積極的アプローチにしていかないとね。

それと路上アクトって予想だにしない御縁ができたりします。
偶然の御縁みたいな。
そこでしか得られないものですよね。
そんなところも期待してる部分は大きいです。




御縁を紡ぐために音楽を通じてできるアプローチでお店でのライブイベントや、オープンマイクとかもあります。
それも確かに御縁の機会になりますが、毎週ほどイベントに顔を出すのならまだしも、そこまでの投資にも今の僕には限界もあります。

僕がお店をやってた2004年~2014年の間にはそんな御縁の機会が毎週ありました。
毎週末、土日にライブイベントを自分のお店でやってましたから。

でも今はそんな御縁を求めようと思うと頻繁にお店に顔を出さないといけませんが、そこまでの資金力も今の僕には…。




ということで路上アクトならお金はかかりません。
有料駐車場代くらいか。
そこで投げ銭が得られる時もありますから、駐車場代が浮く時もありますし。



それとオープンマイクだと自身の持ち時間が10分~15分ほどで自分の出来る時間はそこに滞在する時間から考えると極端に短い。
そして自分がやるだけやってはいさよならというわけにもいきません。
他の皆さんのステージも観覧しないといけませんしね。

そうするとその短い時間の中で自身も鍛えられるんだけど、レベルアップするのにお店に通う期間がかなりかかってしまいます。
いや、そうやって僕も今までやってきたのですが、もうこれからもそうしていく気力がないというのが正直なところ。


そんなところと考え合わせても、路上でやってるほうがロスエネルギーも少なく、効率よく色々と成果がえられるというわけです。






今週は木曜夜が予定が入ってないので、またその日に路上に行こうかと考えてます。
場所は…

守山駅、能登川駅、草津線甲西駅、あたりか。


また考えて決めて告知します。






下は2020年6月に能登川駅前でピンで路上した時の映像です。
曲は「月がとっても青いからですね。





このページのトップヘ