寿音楽

Kotobuki sounds たけの音楽発信。笑顔を届けに参りまする。

カテゴリ: 動画

この5月はステージの機会が多くて、しかも僕が歌うパターンばかりでした。
路上ライブスタンスも再開し、そこでもピンで弾いて歌ってます。




女性ボーカルで進めるアプローチでここ最近やってきました。
ちかぼん以外にも声をかけ歌ってくれる人を仲間にし、僕が歌う機会を減らしてきたのですが、この5月はそれも回らなくて、結局僕が歌うこととなったのでした。

僕自身、自分の歌に自信があるわけでもなく、なるべくなら歌いたくは;ないのですが、でもこの5月はそんな歌う機会が増えた。
でもこれは何かの思し召しかとも思ってみたり。
こうなることに何某かの意味があるとしたのならそれも受け入れるしかない。

無理をせず、あるがままを受け入れ、なるようになっていく。
それが自分にとって何か意味のある事なのだとしたらね。
しかしそんな中でも当然全力は尽くします。
僕の出来得る最高のモノになるようにね。


今度の25日(土)の新名神土山SAでの週末パフォーマーイベントステージでも僕が歌うことになりました。
ぴえさんと相談しながらセットリストをあらためて考えていこうと思ってますが、今回はこのゴールデンウイークの時や帰帆島の時の僕たちのステージと違ってカバー曲を多目にしようかと思ってます。
より一般のお客さんを惹き付けるアプローチにするのにカバー曲がいいかと考えた。




それとまだ僕の中の思い付き段階ではありますが、ギター以外の楽器をもうちょっとフューチャーできないかと。
ウクレレに加えパーカスですね。
特にジャンベだとかコンガだとか。
ただ僕がそれをやっちゃうと歌はどうするねんってなるので考えどころですね。
どういう形でフューチャーするのかがね。





4月以降毎週路上にも行ってきました。
そこでは僕自身の認知を広げ音楽教室へ誘うのがひとつの目的でもあります。
ということでもっとその場でプレイする楽器を増やしたいんだけど、でもそうすると今度は荷物がまた増える事になる。
1人で持っていける荷物の量には限界もあるしね。
そんなところをどう解決し実現にもっていくかですね。



5月7日の甲西駅での路上アクトより。







イベント予定に対してのイレギュラーの中でメンバーの体調不良というのはまぁグループ活動をされてる皆さんにとってはあるあるかと思います。





メンバー皆が揃って初めてそのグループの魅力が発揮できるかと思うので、メンバーが欠ける=出演を断念する、という図式もまぁあるあるなんでしょうねぇ。

しかし、僕の場合僕が中心になってグループを引っ張っていってる関係で僕がダメにならない限り誰か急遽欠けたとしても、とにかく残ったメンバーで何とかするというのは当たり前になってます。
今日の339ライブはちかぼんが体調を崩したと連絡があり、急遽僕とぴえーるの二人でいくこととなりました。

夜の間に二人でメッセージでやりとりし、選曲を考え、本番に臨んだのでした。
このゴールデンウィークに3日、5日と二人音蜜は実践済みだったのもあったので、その時の経験は役に立ちましたね。
その2日でやった曲なら二人でリハなしでもいけるということなので、そこからチョイスした。




僕たちの出番は15時頃でした。

セットリスト
①SUSPENDED4
②手巻き寿司のブルース
③下水道のうた
④プリティ忍者でござるスローバージョン



ちかぼんがボーカルの時にはやらない曲を中心に選びました。
まず①は以前の音蜜(女性ボーカルがいなかった時)の鉄板曲でした。
間奏のギターソロは頑張ってみましたが、ここ最近では一番そつなくできた気がします。

②も①と同じくギターソロで頑張ってみました。
普段自宅でやってるループステーションでのギターソロの練習がここにきて効いてきた気がしますね。

①ではアウトロでラーラーラーと一緒にお客さんに歌ってもらいます。
②では巻いて巻いてのところでの振り付けをお客さんに投げます。
④はスローバージョンでいつもは二人ともまったく演奏せずに踊ってるだけなんだけど、ここではちゃんと演奏しました。
僕はギターソロも頑張ってみた。

そしてサビでは振り付けを。





いや~、緊張もしたけど楽しかった。
他の共演者の皆さんのステージも楽しませてもらいました。

そんなところのリポートはまたあらためて。


ギターアンプに備わってたワイヤレスシステムを使ってたんだけど、なぜか音が鳴らなくなっちゃった。
どうしようかと思って以前2000円代のをネットで買ったことがあってまだそれが残ってるのを思い出した。
で、こないだそれをつないで鳴らしてたら時々ブツブツと音が途切れる。
これ、本番でこうなったら嫌だなって思ってこの個体は諦めることにしました。



で、Amazonと御用達のサウンドハウスで物色しててAmazonは最近届くのが遅いのを考慮してサウンドハウスで買うことにしたのでした。
そんな中で一番安かったのがこれ。


wireless




レビューを見てもまぁ大丈夫かと判断。
価格は6280円。
ということで今日払い込んできたんだけど、早速商品発送しました通知メールが届きました。
明日、明後日のイベントには間に合いませんが、25日の土山SAのイベントには間に合うか。
あ、でもそれまでに路上に行くと思うのでそこで使い勝手を確認できるなぁ。




先日の甲西駅前路上アクトより「甲西駅ベイベー」を。





昨日は甲西駅に路上アクトに行きました。




やはり反応頂く方があるという事実は行くことへの意義を僕に示してくれる機会になっています。
ご縁を紡いでいき、それが音楽教室へ発展していく機会につなげたらという思いが今は大きいです。

あらためて周りを見渡しても同年代で路上にコンスタントに行ってる人なんていないのでかなり異質なのかとは思います。




でも思い返してみても甲賀で音楽カフェをやり、そこでライブイベントを定期的にやってたのも今から20年前にやりだした頃にはそんなことを滋賀でやってる人ってライブハウス以外ではほとんどいなかった。
いや、京都や大阪では当たり前にやられたのにね。
しかし、滋賀ではほとんどなかったことに目を付けて僕はやりだしたのでした。
そして参加型のイベントとして飛び入りライブも当時始めたのですが、それまた滋賀では皆無でした。
とにかく音楽できること、音楽に触れる事をもっと身近にしたいと思ってそんなあれこれを始めて、段々と根付いていったことも感じましたし、広がっていったのも感じながら10年続け、やがて廃業しました。


路上ライブはそんなお店をやってた時に宣伝の意もこめてやり始めました。
近江八幡駅にも行きましたし、草津駅も。
そして草津線各駅を巡ってみたり。
それはお店の認知へとつなげたいという思いもあった。



当時路上ライブは世間でゆずとかがブレイクした頃に滋賀でも爆発した時があります。
特に近江八幡駅前や草津駅前はすごかった。
駅前ロータリーとかが路上ライブをする人で溢れかえってましたから。


僕はちょっと流行ってた時期を過ぎて下火になっていってた頃にやり始めました。




お店をやめて数年が経ち、その時にやってたユニットの活動の一環で再び路上アクトを再開しました。
そのユニットを辞めてからは今度はピンで路上を再開します。
しかし、またまたやめてしまいます。




そうやって幾度となくやってはやめてみたいな感じで繰り返してきました。
しかし、そうしてやってきて思うのはブームを過ぎてからは、滋賀で精力的に路上をやってる人にはあまりお目にかかりません。
ブームが過ぎたらもうやらない?

ホントにたま~に出会う時があるくらいで。
ほぼ他の演者さんとやってるところでかち合うことはない。
もっと広がればいいのになぁ…。


これからはまたコンスタントにやっていこうと思っています。
気になる方、ぜひ遊びにお越しください。
一緒にやろうという方も大募集です!





昨日の路上から「ONGAKU」を。





音蜜奏新のニューアルバムにも入ってる曲ですが、そちらではウクレレ弾き語りバージョンです。
それをエレキギター弾き語りバージョンでやってみました。


そのウクレレバージョンはこちら。




随分と趣きが変わりましたね。


今は都合を見ながら行ける時に路上アクトに赴こうと思っています。




先日の愛東マーガレットステーションでのイベントや京都second rooms でのライブイベントでさいずれも素敵なご縁が紡げました。
人とつながることは自身の可能性の輪を広げてくれるきっかけになると思われます。
今の僕にとって人の輪を広げていくことは結果的に自身の目指すところに到達するためには必須な
ところがありますしね。

路上アクトでは偶然の通りがかりの人との出会いを演出してくれる機会になっています。
そんなところでこの春から路上アクトに週1で赴くというのを再開しています。
数年前には毎月曜に路上に行くというのを3年ほどやってましたが、段々とモチベーションが下がってきて、これって何の意味があるの?と思いだすようになり辞めてしまいました。
そこから数年経ちまた復活したということです。





今日は仕事終わりに草津線甲西駅に赴きました。
19時頃に到着、セッティングし始めます。
21時半頃までボチボチとやってきましたが、何人かお声かけ頂きました。

20240507_194447


高校生の男の子が二人、近寄ってきたのでフライヤーを渡しました。
インスタをやってるならフォローください~♪



そして20代の女性が一人興味深そうに近寄ってきてくださいました。
話してると沖縄出身だそうで、沖縄に居た頃はあちこちで路上とかやってる人がいて音楽を生で聴くのには事欠かなかったとのこと。
しかし滋賀に移住してきて特に甲西にいると路上なんてやってる人なんて皆無で寂しいなと思ってたとのことでした。
なので、こうやって聞けて嬉しいとおっしゃる。
いや~、喜んでもらって幸いです。
ありがとうございます。

フライヤーを手渡します。
投げ銭も頂戴しました。
ありがとうございます!






また甲西駅に行きます~


昨日はsecond rooms でウクレレカフェと題してウクレレ好きなアーティストの皆さんが集まるイベントがあるということで音蜜奏新にもお声かけがありました。
僕としてはウクレレも2nd 楽器として取り組んでるところでもあるので、断る手はないと即答で受けました。

で、当日はちかぼんは都合が悪いので、ぴえさんと二人での音蜜になるということで二人でリハをやりました。
まず選曲、そしてどんなアレンジ、どんなアプローチでいくのか、そんなところをまとめて当日に臨んだのでした。


とはいっても僕のこと、当日になってアプローチを変えようと思ったりするので、本番までどう攻めていくのかは決まらないところもあります。
実際問題、他の出演の皆さんは当然ウクレレアプローチで普段からやっておられるであろう方々ばかりでしょうからどんな感じでステージされるのかというのをまずは見てみてそれからあらためて考えなおすところもあるのかななんて思って本番前のリハをまず見させてもらい、そして本番に臨む感じになりました。


そんな中のブルースアレンジのこの曲。
他のウクレレ弾きの皆さんは多分されないであろうアプローチだと思って入れた1曲です。
我々ならではみたいなところはねらいました。




いい感じで進めてたのですが、途中で貼り付けピックアップが外れるアクシデントが。



ホントは今回のステージではワイヤレスでいくつもりだったのが本番前に調子が悪くて断念したのでした。
そこでケーブルでいったのですが、この曲でステージ中にケーブルを自分で踏ん付けてしまった。
それでバリっと貼り付けてあるのが取れちゃった。



めっちゃ慌てました。
でもそれをお客さんに見せるとダメだというのが自分のなかであって、その窮地を何とかして脱しないとと思いながらその瞬間は演奏はぴえさんに任せ、外れたピックアップとケーブルを手繰り寄せながら再度貼り付け直すというのを必死でやってました。

そして、ケーブルがそれだけではダラっと垂れて重力でまたピックアップが剥がれてしまうので、ケーブルを手繰り寄せて自分のズボンのポケットに押し込むといった一連の動作を、外れた時にもぞもぞしながらでも、歌うのはやめないように続けながら、そんな感じで曲を途切れないようにやり続けたのでした。

こんな時にぴえさんは頼りになります。
ちゃんとその間のバッキングをしっかり支えてくれたので。


何とかピックアップは復帰しました。
何事もなかったかのように、MCでもそのことには触れず、次に進んでいったのでした。
実際はね、めっちゃ焦ってたし、気持ちも凹んでました。
あ~あ、何やってるんだろうってね。





あらためてウクレレのピックアップ周辺をどうするのか考えてます。
やはりケーブルはステージ中に踏ん付けてしまうことを考えてもワイヤレスのほうがいいよね。
うん、あらためて新しいのを求めようと思います。

今度はあまり安物じゃないのをね。
これからネットで探してみます。



jacket 2024




音蜜奏新のニューアルバムは昨年のジャズフェスの時に引き続き、今年のジャズフェスでもリリースしようと画策し準備を進めていたものです。


で、ジャズフェスも過ぎて、一段落した今、あらためてこのアルバムの解説をと思い、まりあ女史にお願いしてました。
アルバムを聴いてもらい、それについてレビューをしてもらたというわけです。



曲クレジット



ではM-01~M-06までをまずは解説いただきます。
まりあさん、よろしくお願い申し上げまする~




プリティ太郎

音蜜奏新の定番曲の一つ!
やさぐれ感がありつつもしっとりとした曲調がくせになります!
「小さな事はこだわらない」なんとかなるのが今の時代にマッチンGood👍


あいうえオムライス

(これは私個人の感想)→なんか聞いたことあると思いきや「せんせい」がガラッと
リメイクされていてびっくりです😁
タイトルにあるようにひらがなと食べ物、そして音楽を1つにした明るい曲!
サビの最後の「〜的な」が耳に残って聴いていると元気になります!
ちょっと落ち込んだ時やイライラした時に聴きたい曲🙌



彼とカレー

実際のエピソードなのかなと妄想しつつ、色んな種類のカレーが出てきて想像しながら
聴くと思わずお腹がなりました(笑)
彼女視点から描かれる「彼とカレー」がなんだか微笑ましいけどちょっぴりせつなさも
感じる一曲です🍛



プリティかぼちゃん

未来的なリズミカルからはじまり、かぼちゃのかぼちゃんの頑張る姿や悩みをストレート
に描かれていて、擬人化されたら思わず推したくなりますね!
女性からはかぼちゃんは上位だからこれからもがんばれかぼちゃん!負けるなかぼちゃん!




ONGAKU

音蜜奏新代表作の1つでまさしく「音楽」から人や国、世界がドンドン繋がり1つになれたらと
いう優しい気持ちが詰まった曲です🙌
音楽は心を豊かに人を変える力があると伝わってきます🍀





さぁこれから
「音蜜奏新」としてこれからどんどん進んでいくぞという意思表明を感じる一曲。
これから何か始めようしている方、新生活が始まる方、一歩踏み出せない方に聞いて欲しいなぁ。
(間違えてたらごめんなさい🙏💦💦)ちかぼんさんだけでなくタケさんやぴえさんの歌が
入ってるのはレアです!



まずは前半戦でした。
まりあさん、ありがと~


最後の「さぁこれから」のMVも貼り付けておきます。







後半戦へつづく

びわこジャズ東近江2024の2日目は単純に客として会場に赴きました。



11時にアピアセントラルコートでパーカスのしんちゃんがサポートで出られるのを聞いてたので、まずは見に行きます。

20240428_105550


そして京都銀行会場ではThe Knuckのエネルギッシュなアクト。

20240428_111938


本町サンパークではオオハシアツヨシくんチーム。

20240428_114524

20240428_114528



カミコロではやましんさん。

20240428_123026


再びアピアセントラルコートでザ蜃気楼チンドン一座。

20240428_145856

最後は駅前交流施設カフェでじゅまみんの御三方。


20240428_154728



今年は僕は自治会の役員もやってて、自治会の秋イベントに出演してくれそうな人も探してて、今日はそんなところも考え合わせてライブ観戦してました。
そんなポイントで観た時に今日気になったのはザ蜃気楼ちんどん一座の皆さんとじゅまみんの皆さん。

双方ともにアクト後にお声かけしたところ、イベント出演に前向きな御返事を頂きました。
早速持ち帰って自治会のほうに報告しよう。




しかしあらためてこういった大きな音楽イベントのよさを思います。
どの会場も無料で観覧できますし、フードの販売とかも街のあちこちでされてて、そんなのにかぶりつきながらライブ観戦できていいじゃないですか。


心地よい余韻を胸に帰路につきました。




昨日の音蜜奏新でのステージアクト。
そして今日のライブ観戦巡りと、2日間に渡って音楽漬けな時間を満喫しました。

また来年のびわこジャズ東近江を楽しみにしておこうと思います。




では昨日の音蜜奏新のステージ映像を。












27日、28日はびわこジャズ東近江2024が八日市界隈でたくさんの会場が設定され、街のあちこちで音楽の溢れる二日間になります。




音蜜奏新は27日の12時30分からが出演枠になってます。
そしてその後も同じ会場でボランティアスタッフとしての役割もあります。


9時半に東近江市役所に集合し、まずはボランティアスタッフミーティングがあります。
そしてその後ボランティア先の会場に移動します。




機材セッティングし、まずは八日市駅に移動します。
コミュニティFMへのラジオ出演からですね。

20240427_111805



僕たちのニューアルバムから「甲賀流桃色化計画」と「街」をかけてもらいました。
ありがとうございました。

音蜜奏新出演動画はこちら







20240427_11180512

さて現場に戻ります。
本町サンパーク会場ですね。




機材セッティングの続きをし、音響さんとの調整を。
そして本番。


12時半から始まります。

セットリスト

①プリティ太郎
②ポイポイポイ
③輝く月の下で
④街
⑤プリティ忍者でござる

もう僕たちの黄金セットリストですね。


のっけからの振り付け曲2曲は続けていきます。
もうこの振り付けは僕たちの中でもド定番です。
お客さん方にも踊ったら楽しいよ的アプローチでアクトします。

踊って下さる方もちらほら。
嬉しい~



3曲目では趣向を変えてバラード。
4曲目ではコール&レスポンス。

いや~、音楽っていいね~



お客様の中に見知った顔が。
僕の事業所利用の児たち、職員の顔や職員の家族さん。
嬉しいですね。
ホントにありがとうございます!


p9



最後は鉄板中の鉄板、「プリティ忍者」。
いつも通り楽しく踊って幕を閉じます。

ありがとうございました!




p7






こういう音楽の大きなイベントってホントにいいものです。
そしてこういうイベントでは旧知の人に再会したりなんてのもあったりしてそれはまた嬉しい機会。

20240427_142747

20240427_121250







自分たちの会場から離れてブラっと他の会場にも少しだけ散策しに行きました。

様々なタイプのアーティストさんたちのステージ。
それぞれに個性があってどれもが楽しくて。
あらためてこういった音楽イベントの意義を感じる瞬間です。





17時頃本町サンパーク会場全ての演者さんたちのステージが終わりました。
撤収。
S__52207705

皆さん、ありがと~



市役所の本会場に戻り、集まった寄付金等を受付に届けました。
そして解散。

心地よい疲れ。

20240427_175738

ということで帰路につきました。


ありがとう。

守山駅ベイベーという先日路上アクトを守山駅でやった時に即興でした曲があります。
ようつべにもその時の映像を撮ってアップしています。






歌詞を。



守山駅でこうやって歌っているさ
例え誰も見向きもしてくれなくても
僕らは信じて明日への道を
どこまでも歩いてゆくんだな

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー

今日も日が暮れていくんだね
毎日毎日過ごしていく中で
僕らは音楽に関わりながら
楽しく余生を過ごしていくのさ

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー

今日ももうやって僕たち音楽を
毎日毎日奏でているぜ ベイベー

守山駅ベイベー 守山駅ベイベイベー






いいじゃないですか。


これからもちょくちょく路上に行こうと思っています。
その時には音蜜奏新の今のレパートリーは避けようと思ってるので、僕の歌う用の曲としてリストしておこうと思います。


今日は日曜日。
午前中は自治会の役員会議でした。



昼からは音源製作の仕上げにかかります。
予定していた4月27日のジャズフェスにリリースを間に合わすというのはこれで達成しました。
メンバーにも10枚ずつ手渡す分も製作し、明日夜にリハをするのでそこで渡そうと思います。

20240421_225736


こんな感じ。
1個ずつクリアバッグで包装しました。
1000円で販売します。
ご入用の方はご一報くださいませ。

seondou@yahoo.co.jp





音源にも入ってる曲。

プリティ忍者でござる 音蜜奏新








27日はびわこジャズ東近江に音蜜奏新で出演します。
そこで新音源を販売します~



higashioumi jazu2024音蜜版ブログ用




さて音源製作はひと段落したので、次の作業に移ります。

おなじ星のギターレコーディングだね。




昨日は守山駅前で路上アクトしてました。
オオハシアツヨシくんと二人でセッションしながら適当に弾いたり歌ったりしてるうちに曲が出来ていったりしました。
これがね、なかなか心地よい曲になった。

タイトルは「守山駅ベイベー」。






ループステーションでまずはG  C   D    G  のコード循環をループサンプリングするところから始まります。
それをバッキングで鳴らしながらアドリブソロを最初は弾いてました。
そこで合間に何となくコードに合わして歌っててできていきました。


サビは 守山駅ベイベー ですね。
そこへもっていくのに歌詞を即興で歌いながら考えながら物語を作っていきながらメロにのっけて行きます。





今日も陽が暮れていくんだね
毎日毎日過ごしていく中で
僕らは音楽に関わりながら
楽しく余生を過ごしていくのさ

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー

音楽って楽しいね

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー

今日もこうやって俺たち
音楽を奏でているぜベイベー

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー

いつまで続くのか段々と気持ちもあがってきたよ

守山駅ベイベー 守山駅ベイベー





こんな感じですね。
これを前述のコードバッキングにのっけてメロを即興で作りながら歌っていきます。


20240411_200130




楽しいね~
こういう即興ソングは得意中の得意です。
でもわりとポップなものができたと思います。
ちゃんと音源化したほうがいいのかなぁ。



YouTubeに動画アップするというのをわりとコンスタントにやってきました。




ちょうどコロナ禍に入ったあたりからYouTube活動がスタートした感じなのですが、その頃にアップした動画を見てると一人で自身の過去の曲に色んな画像(静止画像ですね)をのっけてMVにしてるのがいくつかあって、昨日はそんなのを見てたらなんか懐かしい気持ちになりました。
主にネットからの拾い画をのっけてみたりしてて、これはこれでなかなか面白いななんて思ってみたり。

当時はまだムービーメーカーでの編集なので、今のMV編集をしてる動画ほどの編集はできませんし、それに編集すること自体もまだ不慣れな時でもあったので、テロップ編集もうまく音声と合ってなかったりします。





そんな中の1曲「私はどこの馬の骨」は今でもお気に入りの1曲なのですが、バックトラックはサンプリングを中心に組み立てられてて、特にドラムトラックは今聴いてもめっちゃいいななんて思ってみたり。






歌詞はダジャレでまとめてるもので、作ったのはこのMVよりさらに20年近く前の2002年。
この時は一緒にテクノユニットをやってた人がいて、その彼と一緒に作詞しました。
そして僕の打ち込みサウンドにその相方がエレキギターをオーバーダブしてくれました。
当時僕はギターは弾けなかった。
シンセのオーバーダブをちょっこし。



歌の出だしは

♪今日は京都で京女 明日は飛鳥で奈良女~♪

ってのっけからダジャレでスタートします。
その後もダジャレを連発し、タイトルコールは最後のサビでようやく出てくるという作詞になってます。


いや~、今聴いても全然いいじゃないですか。
ヒットするよ~(笑)





昨日は久しぶりに路上アクトに守山駅まで赴きました。
まりあが応援に駆けつけてくれたのもあって楽しくできたのもあり、久しぶりに路上アクトを定期的にやるというスタンスを再開しようかと思ってみたり。





ひとつは音楽教室拡充につなげるための僕自身の認知活動でもあります。
今年の初めに立てた目標を年内に達成するためのひとつの手段として積極的アプローチにしていかないとね。

それと路上アクトって予想だにしない御縁ができたりします。
偶然の御縁みたいな。
そこでしか得られないものですよね。
そんなところも期待してる部分は大きいです。




御縁を紡ぐために音楽を通じてできるアプローチでお店でのライブイベントや、オープンマイクとかもあります。
それも確かに御縁の機会になりますが、毎週ほどイベントに顔を出すのならまだしも、そこまでの投資にも今の僕には限界もあります。

僕がお店をやってた2004年~2014年の間にはそんな御縁の機会が毎週ありました。
毎週末、土日にライブイベントを自分のお店でやってましたから。

でも今はそんな御縁を求めようと思うと頻繁にお店に顔を出さないといけませんが、そこまでの資金力も今の僕には…。




ということで路上アクトならお金はかかりません。
有料駐車場代くらいか。
そこで投げ銭が得られる時もありますから、駐車場代が浮く時もありますし。



それとオープンマイクだと自身の持ち時間が10分~15分ほどで自分の出来る時間はそこに滞在する時間から考えると極端に短い。
そして自分がやるだけやってはいさよならというわけにもいきません。
他の皆さんのステージも観覧しないといけませんしね。

そうするとその短い時間の中で自身も鍛えられるんだけど、レベルアップするのにお店に通う期間がかなりかかってしまいます。
いや、そうやって僕も今までやってきたのですが、もうこれからもそうしていく気力がないというのが正直なところ。


そんなところと考え合わせても、路上でやってるほうがロスエネルギーも少なく、効率よく色々と成果がえられるというわけです。






今週は木曜夜が予定が入ってないので、またその日に路上に行こうかと考えてます。
場所は…

守山駅、能登川駅、草津線甲西駅、あたりか。


また考えて決めて告知します。






下は2020年6月に能登川駅前でピンで路上した時の映像です。
曲は「月がとっても青いからですね。





このページのトップヘ