寿音楽

Kotobuki sounds たけの音楽発信。笑顔を届けに参りまする。

カテゴリ: イベントリポート

この土日はイベント2連チャンでちと疲れはしましたが、でも楽しく過ごせた二日間でしたね。





土曜日の339ライブではいつもはsecond rooms で開催されてるイベントなのですが、今回は取れなかったようでモダンタイムスに会場を移動しての開催となったのでした。


毎回この339ライブは大勢の皆さんがステージを踏むイベントになっており、今回も13時から21時頃までの8時間にもおよぶ長丁場イベントになりました。
さすがに最後のほうはちょっと疲れてきて正直なところテンションも下がり気味ではありましたけどね。

でも新たにお出会いした方もたくさんいらっしゃいます。
そんな皆さんとはつながれる大事な機会です。
連絡先を交換したりSNSでつながったりと有意義な時間になりました。
ありがとうございました。



S__52445196

339ライブでは共演者の方のサポート出演があるのも一つの魅力です。
三上さんにドラムを依頼されて三上さんのオリジナル曲に合わして叩きました。
他にもベース、アコギ、ピアノもサポートで入られ、まったくリハなしで本番に臨むという恐るべきアプローチでしたが、でもそれなりにまとまったというのが面白かったですね。
他のメンバーの皆さんも手練れの方々ですから、個々にちゃんとやっておけば本番でぶっつけでもそれなりになるということなんですね。
皆さん、お疲れ様でした。





4274B154-6F6F-4C3A-A4C0-D4A555AAADD1






日曜日はこれまた僕とぴえーるの二人音蜜によるステージ。
5月だけでもこの二人音蜜アプローチは4回目になります。
これだけやってくると段々とこなれていくというか、なんかまとまってきて、ステージングもそれなりになっていったのでした。
S__32563284




特に僕にとってはギターソロが大きな課題ですから、そこがステージでそつなくプレイできるかというのは大きな命題になっています。
そんなところが始まる前の不安なポイントでもありましたが、実際ステージしていくとそこが安心に変っていったのでした。
完璧とは言えませんが、でもミスは少なくなってきたと思います。
この調子で伸ばしていきたいなぁ。




それとワイヤレスシステムが土曜日に届いた。
それを試す機会にもなったのでした。

wireless

自宅で試した時は大丈夫かと思ったのですが、本番ではちょっとノイズが出たりして少し「あれ?」って思った場面もありました。

その後また自宅で確認しますが、大丈夫でした。
これからまたイベントステージで使っていこうと思うので、様子をみていこうと思います。




さて次の予定は5月25日の土山SAでの野外イベントステージです。
またそれに向けて準備していこうと思います。



イベント二連チャンの今日は毎月第二日曜日定例の草津矢橋帰帆島のイベント。
今までKIPデーと呼ばれてたイベントでこの4月から帰帆島フェスタになったらしいです。



ということでちかぼんは引き続き体調不良で不参加なので、僕とぴえさんと二人音蜜で臨みます。
10時頃現地入りし、機材搬入とセッティングをし本番は11時から。
僕はギター&ボーカル、ウクレレ、ぴえーるはベース、ウクレレでステージしていきます。



セットリスト

①下水道のうた
②マンホールは何のため?
③SUSPENDED 4
④手巻き寿司のブルース
⑤ウクレレレ
⑥ONGAKU
⑦街
⑧プリティ忍者でござるスローバージョン

S__32563285

S__32563284

50分ほどのステージに合間に音響止めタイムがあるのでそこはウクレレの生音ステージにし、その後またギターに持ち替えステージしていきました。




昨日のモダンタイムスに引き続き二人音蜜でしたが、ギターを弾きながら歌うスタイルは元々やってたものではありますが、でもやっぱりボーカルとギターを兼ねるのは今の僕にとってはある種重圧でもあります。
でも普段からやってるギターの練習がどれだけ役に立つかというのも実感できる瞬間でもありますから、それはそれで楽しめてるところもありますし。
まぁそんな複雑な思いも抱えながら進めていきます。

ただMCに関しては昨日のモダンタイムスのステージから引き続き、その二人で進める時のアプローチも身についてきた感もあって、今日もそこの部分は手応えを感じたところはありますね。


ぴえさんの役割とそこを僕がいじったりするアプローチで曲間を構築していくやり方は今日は何か見えた気がします。
あぁ、こういけばお客さんはこう反応してくださるみたいなところをつかんだ感じがありますね。
うん、今後どうしていくのか、このスタイルでのステージングを身に付けたみたいなね。


お客さんが少なかっただけに前で観てくださった琉球太鼓チームの皆さんには感謝です。

ありがとうございました。








12時前に終わり機材撤収。
琉球チームの演舞を見た後は13時半に水口の「まるーむ」に向かいます。
そこでスマイルきずなさんのグループレッスンがあるので。


14時半にまるーむ到着。
間もなくしてレッスン開始。
みんなで車座になってウクレレ教室。

今回は7人程度の参加人数。
今回はGコードの押さえ方の練習をまずはします。

C G C と弾くことでよく学校とかでピアノでやられる起立 礼 着席 の時のジャーン ジャーン ジャーンの感じがウクレレでできるというのを皆さんに実感じてもらいます。
あぁ、そうだったのかといった感じで皆さんには理解いただいたかと。


20240512_153338

20240512_153334



あとはリズムも入れながらそのリズムに合わして弾く練習とかも取り入れてみました。
こちらも僕の中でこういった場でのレッスンでのアプローチスタイルをつかんだ感じはあります。
皆さんに楽しんで取り組んで頂くためにはみたいなところですね。
うん、楽しくできた1時間になりました。
ありがとうございました。

イベント予定に対してのイレギュラーの中でメンバーの体調不良というのはまぁグループ活動をされてる皆さんにとってはあるあるかと思います。





メンバー皆が揃って初めてそのグループの魅力が発揮できるかと思うので、メンバーが欠ける=出演を断念する、という図式もまぁあるあるなんでしょうねぇ。

しかし、僕の場合僕が中心になってグループを引っ張っていってる関係で僕がダメにならない限り誰か急遽欠けたとしても、とにかく残ったメンバーで何とかするというのは当たり前になってます。
今日の339ライブはちかぼんが体調を崩したと連絡があり、急遽僕とぴえーるの二人でいくこととなりました。

夜の間に二人でメッセージでやりとりし、選曲を考え、本番に臨んだのでした。
このゴールデンウィークに3日、5日と二人音蜜は実践済みだったのもあったので、その時の経験は役に立ちましたね。
その2日でやった曲なら二人でリハなしでもいけるということなので、そこからチョイスした。




僕たちの出番は15時頃でした。

セットリスト
①SUSPENDED4
②手巻き寿司のブルース
③下水道のうた
④プリティ忍者でござるスローバージョン



ちかぼんがボーカルの時にはやらない曲を中心に選びました。
まず①は以前の音蜜(女性ボーカルがいなかった時)の鉄板曲でした。
間奏のギターソロは頑張ってみましたが、ここ最近では一番そつなくできた気がします。

②も①と同じくギターソロで頑張ってみました。
普段自宅でやってるループステーションでのギターソロの練習がここにきて効いてきた気がしますね。

①ではアウトロでラーラーラーと一緒にお客さんに歌ってもらいます。
②では巻いて巻いてのところでの振り付けをお客さんに投げます。
④はスローバージョンでいつもは二人ともまったく演奏せずに踊ってるだけなんだけど、ここではちゃんと演奏しました。
僕はギターソロも頑張ってみた。

そしてサビでは振り付けを。





いや~、緊張もしたけど楽しかった。
他の共演者の皆さんのステージも楽しませてもらいました。

そんなところのリポートはまたあらためて。


昨日はsecond rooms でウクレレカフェと題してウクレレ好きなアーティストの皆さんが集まるイベントがあるということで音蜜奏新にもお声かけがありました。
僕としてはウクレレも2nd 楽器として取り組んでるところでもあるので、断る手はないと即答で受けました。

で、当日はちかぼんは都合が悪いので、ぴえさんと二人での音蜜になるということで二人でリハをやりました。
まず選曲、そしてどんなアレンジ、どんなアプローチでいくのか、そんなところをまとめて当日に臨んだのでした。


とはいっても僕のこと、当日になってアプローチを変えようと思ったりするので、本番までどう攻めていくのかは決まらないところもあります。
実際問題、他の出演の皆さんは当然ウクレレアプローチで普段からやっておられるであろう方々ばかりでしょうからどんな感じでステージされるのかというのをまずは見てみてそれからあらためて考えなおすところもあるのかななんて思って本番前のリハをまず見させてもらい、そして本番に臨む感じになりました。


そんな中のブルースアレンジのこの曲。
他のウクレレ弾きの皆さんは多分されないであろうアプローチだと思って入れた1曲です。
我々ならではみたいなところはねらいました。




いい感じで進めてたのですが、途中で貼り付けピックアップが外れるアクシデントが。



ホントは今回のステージではワイヤレスでいくつもりだったのが本番前に調子が悪くて断念したのでした。
そこでケーブルでいったのですが、この曲でステージ中にケーブルを自分で踏ん付けてしまった。
それでバリっと貼り付けてあるのが取れちゃった。



めっちゃ慌てました。
でもそれをお客さんに見せるとダメだというのが自分のなかであって、その窮地を何とかして脱しないとと思いながらその瞬間は演奏はぴえさんに任せ、外れたピックアップとケーブルを手繰り寄せながら再度貼り付け直すというのを必死でやってました。

そして、ケーブルがそれだけではダラっと垂れて重力でまたピックアップが剥がれてしまうので、ケーブルを手繰り寄せて自分のズボンのポケットに押し込むといった一連の動作を、外れた時にもぞもぞしながらでも、歌うのはやめないように続けながら、そんな感じで曲を途切れないようにやり続けたのでした。

こんな時にぴえさんは頼りになります。
ちゃんとその間のバッキングをしっかり支えてくれたので。


何とかピックアップは復帰しました。
何事もなかったかのように、MCでもそのことには触れず、次に進んでいったのでした。
実際はね、めっちゃ焦ってたし、気持ちも凹んでました。
あ~あ、何やってるんだろうってね。





あらためてウクレレのピックアップ周辺をどうするのか考えてます。
やはりケーブルはステージ中に踏ん付けてしまうことを考えてもワイヤレスのほうがいいよね。
うん、あらためて新しいのを求めようと思います。

今度はあまり安物じゃないのをね。
これからネットで探してみます。



今日は京都second roomsでウクレレカフェというイベントライブがあり、僕たちもウクレレ弾きだと認めて頂いてたのかお声かけ頂きました。
声がかかれば応えないわけにはいきません。
ぴえーると二人での音蜜でしたが、昼から待ち合わせて京都に向かいました。

イベントは18時からスタート。
僕たちの出番はトップでした。

セットリスト
①うたげのうた
②ONGAKU
③やめられない
④ウクレレレ


25分の持ち時間。
ステージから見える時計を見ながら時間調整しながらステージを進めます。
時間があれば曲をこなすし、なければカットするし、みたいな感じで進めます。

③が終わった時点であと5分だったので、じゃあってことでウクレレレで終わろうということになりました。



のっけからコール&レスポンス曲ですが、お客さん、皆さん温かくてしっかりと応えてくださる。
最初から盛り上がっていきます。

②以外はみなコール&レスポンスのある曲。
終始楽しく進めるよう意識してやっていきます。
特に他の演者の皆さんがマジメにウクレレに取り組んでおられる皆さんですから、やはり僕らのスタイルは異質です。
しかしそれだけに自分たちのおかれてる立場みたいなのは意識しました。
のっけからはじけて会場の空気を和らげるのはやはり我々の役目かと思うのでね。


お客様のおかげもありいい感じで盛り上がったのではないでしょうか。





20240505_183419

二番手は olu olu Lemmon tea の御二方。
二人とも確かな技術で、ウクレレ本来のサウンドで聴かしてくれます。

20240505_191323


かもレレの皆さん。
6人の大所帯ウクレレバンド。
鴨川でみんなで集まっていつもリハをされてるそう。
大半が学生さんで爽やかなひと時になりました。


飛び入りを挟んで最後にセッション。

①上を向いてあるこう
②おー!シャンゼリゼ


僕はピアノ、ぴえさんは置きベースで参戦。
ああ~ 楽しかった!




演者さん方とインスタでつながりました。
こういうのもこんなイベントならではな機会ですものね。


ホントにホントにありがとうございました!

詳しくはまたあらためてリポートします。


今日は愛東マーガレットステーションでアコースティックライブというイベントがあって音蜜奏新(たけ&ぴえーる)で出演してきました。


たくさんの地元アーティストの皆さんとの共演はとっても楽しい時間になりました。

音蜜はちかぼんがゴールデンウィーク中は都合がつかないということだったので、僕とぴえーるとの二人でのステージになりました。

セットリスト

①SUSPENDED4
②下水道のうた
③マンホールは何のため?
④ウクレレレ
⑤手巻き寿司のブルース
⑥プリティ忍者でござる スローバージョン


①はやるのは久しぶりですね。
特にちかぼんボーカルではやらない曲もなるべくチョイスするつもりで今回のセットリストを組んでます。
実は「じゃがー」も入れるつもりだったのに譜面を忘れたため出来ず。
急遽「マンホール」が入りました。

ギターソロはSUS4と手巻きとプリ忍で入れてみました。
いつも自宅スタジオで弾いて練習してるんだけど、やっぱり本番では手が硬直して上手く弾けません。
まだまだ練習が足りないね。
頑張ろう。






それから今日はめっちゃ嬉しいことがありました。
最後のフォルクローレのロスチャカスさん(仲さんのグループ)を観に来られてた人とぴえさんが喋ってて、しばらく喋ってるなぁなんて思って遠巻きに見てたんだけど、しばらくしてぴえさんが僕のとこに来て「たけさんと歳が一緒みたいですね」って言って僕に紹介してきてくれました。
で、僕も話してるうちに高校時代の同級生であることが判明したんです。


440450332_7427589634026554_785691838447443150_n


高校時代にはあまり仲良くしてたわけではないんだけど、ちょっとやんちゃで目立っていた彼を何となく眺めてた感じはありました。
でも文化祭でギターを弾いたりしてたのもしてたのも観ててかっこいいなぁとも思ってました。

で、話してると今もギターをやってるとのこと。
ぜひ一緒に遊びましょう!ってなったのでした。
連絡先も交換しました。
同い年なので、タメで喋ろうよと言ってくれました。
いや~、ホントに嬉しい~

これはある意味仲さんのおかげです。
仲さん、ありがと~



20240503_141122

ロスチャカスの皆さん。



びわこジャズ東近江2024の2日目は単純に客として会場に赴きました。



11時にアピアセントラルコートでパーカスのしんちゃんがサポートで出られるのを聞いてたので、まずは見に行きます。

20240428_105550


そして京都銀行会場ではThe Knuckのエネルギッシュなアクト。

20240428_111938


本町サンパークではオオハシアツヨシくんチーム。

20240428_114524

20240428_114528



カミコロではやましんさん。

20240428_123026


再びアピアセントラルコートでザ蜃気楼チンドン一座。

20240428_145856

最後は駅前交流施設カフェでじゅまみんの御三方。


20240428_154728



今年は僕は自治会の役員もやってて、自治会の秋イベントに出演してくれそうな人も探してて、今日はそんなところも考え合わせてライブ観戦してました。
そんなポイントで観た時に今日気になったのはザ蜃気楼ちんどん一座の皆さんとじゅまみんの皆さん。

双方ともにアクト後にお声かけしたところ、イベント出演に前向きな御返事を頂きました。
早速持ち帰って自治会のほうに報告しよう。




しかしあらためてこういった大きな音楽イベントのよさを思います。
どの会場も無料で観覧できますし、フードの販売とかも街のあちこちでされてて、そんなのにかぶりつきながらライブ観戦できていいじゃないですか。


心地よい余韻を胸に帰路につきました。




昨日の音蜜奏新でのステージアクト。
そして今日のライブ観戦巡りと、2日間に渡って音楽漬けな時間を満喫しました。

また来年のびわこジャズ東近江を楽しみにしておこうと思います。




では昨日の音蜜奏新のステージ映像を。












27日、28日はびわこジャズ東近江2024が八日市界隈でたくさんの会場が設定され、街のあちこちで音楽の溢れる二日間になります。




音蜜奏新は27日の12時30分からが出演枠になってます。
そしてその後も同じ会場でボランティアスタッフとしての役割もあります。


9時半に東近江市役所に集合し、まずはボランティアスタッフミーティングがあります。
そしてその後ボランティア先の会場に移動します。




機材セッティングし、まずは八日市駅に移動します。
コミュニティFMへのラジオ出演からですね。

20240427_111805



僕たちのニューアルバムから「甲賀流桃色化計画」と「街」をかけてもらいました。
ありがとうございました。

音蜜奏新出演動画はこちら







20240427_11180512

さて現場に戻ります。
本町サンパーク会場ですね。




機材セッティングの続きをし、音響さんとの調整を。
そして本番。


12時半から始まります。

セットリスト

①プリティ太郎
②ポイポイポイ
③輝く月の下で
④街
⑤プリティ忍者でござる

もう僕たちの黄金セットリストですね。


のっけからの振り付け曲2曲は続けていきます。
もうこの振り付けは僕たちの中でもド定番です。
お客さん方にも踊ったら楽しいよ的アプローチでアクトします。

踊って下さる方もちらほら。
嬉しい~



3曲目では趣向を変えてバラード。
4曲目ではコール&レスポンス。

いや~、音楽っていいね~



お客様の中に見知った顔が。
僕の事業所利用の児たち、職員の顔や職員の家族さん。
嬉しいですね。
ホントにありがとうございます!


p9



最後は鉄板中の鉄板、「プリティ忍者」。
いつも通り楽しく踊って幕を閉じます。

ありがとうございました!




p7






こういう音楽の大きなイベントってホントにいいものです。
そしてこういうイベントでは旧知の人に再会したりなんてのもあったりしてそれはまた嬉しい機会。

20240427_142747

20240427_121250







自分たちの会場から離れてブラっと他の会場にも少しだけ散策しに行きました。

様々なタイプのアーティストさんたちのステージ。
それぞれに個性があってどれもが楽しくて。
あらためてこういった音楽イベントの意義を感じる瞬間です。





17時頃本町サンパーク会場全ての演者さんたちのステージが終わりました。
撤収。
S__52207705

皆さん、ありがと~



市役所の本会場に戻り、集まった寄付金等を受付に届けました。
そして解散。

心地よい疲れ。

20240427_175738

ということで帰路につきました。


ありがとう。

毎月定例のKIPデーでした。
ちかぼんと待ち合わせて朝から矢橋帰帆島に向かいます。


KIPデーイベントに合わせてぴえさんの職場のほうで「水環境体験学習ツアー」なる企画も行われて、ぴえさんはKIPデーのステージ(15時~)以外は環境財団施設のほうに居てました。
ということで他のメンバーはツアーの行われる10時と13時の2回、施設のほうに赴いたのでした。


まず10時からはちかぼん、僕とぴえさんの3人で下水道勉強会講義を進めます。
ぴえさんがメインで説明し、そこに僕とちかぼんが合いの手入れたり、質問したり、はたまたツアー参加者の家族の皆さんに話しかけたりするといった感じで進めていきました。

なるべく大きなアクション、大げさにすることを意識し特に子供たちが楽しめるようなアクトを目指しました。
子達からは笑いが漏れたり元気な声が聞こえたりしてたので、まずは成功じゃなかったかと思います。



10時から15分間その勉強会があって、その後僕とちかぼんはKIPデー会場の方に向かい、ステージ機材の搬入を行います。




間もなくしてすなひがファミリーで会場に到着。
みんなで11時頃から始まった他の演者さんのステージを観戦します。

財団のほうの2回目のツアーは13時からだったので、応援に駆けつけてくれたまりあと共に4人で施設に再度赴きました。



mizukankyou

20240310_134819



13時からの部は少し遅れて到着したすなひ、そして応援に駆けつけてくれたまりあも加わり、5人音蜜で下水道勉強会アクトを行いました。
10時からの部では3人だったのが5人になったのもあってさらにパワーアップして楽しくお届けできたかと思います。
ありがとうございました。



20240310_144256



さてKIPデーの会場に戻ります。


僕たちの出番は15時からです。

セットリスト
①下水道のうた~マンホールは何のため?
②プリティ太郎
③ポイポイポイ
④街
⑤ウクレレレ(生音バージョン)
⑥輝く月の下で
⑦プリティ忍者でござる


僕のドラムでのバンドバージョンは3回目ですが、僕的にはちょっとこなれてきてる感があります。
すなひのギタリストとしてのスタイルもいい感じに進化してると思いますしね。
バンド内でもリズムマシンのサウンドの時よりやってて心地よいとのことで、それがよりいいアンサンブルアプローチにつながってるかとも思います。



僕はドラムとしての立場で後ろからみんなを見てる感じになりましたが、どうもドラムセットのところに座ってるとフロント3人の振り付けとかにも参加できないのもあって、どうもメンバーと隔絶してる感があって(苦笑)。
プリティ太郎の屈伸の振り付けもドラムのとこに座ってるとできないんですね。
あ~、僕も屈伸ダンスに参加したい!(笑)なんて思いながら叩いてました。

ポイポイポイの時はシーケンスを流しながらそこにシンクロして叩いてたのもあって、後半のサビの繰り返しのところでは立ち上がって僕も踊りました。

82490


写真を見てても僕も参加してる感があっていい感じです。



82493

82499





今日は少し風が冷たかったのですが、でも天気はめっちゃよくて、今までのKIPデーは天候が悪くて中止の憂き目にあったのが多かっただけにこの天気のよさは嬉しかったなぁ。
天気よ、ありがとう。




共演者の皆さんのアクトもそれぞれに素敵でした。
自分たちのセッティングとかが終わったあとは堪能させてもらいました。






来月4月はKIPデーは一旦お休みだそうです。
また5月には帰帆島でお会いできるかと思います。
どうかよろしくお願いします。

20240310_155258




仕事終わりに浜大津のライブバー「もう愛はトゥモロー」に赴きました。
僕がお店をやってた頃にお世話になったミュージシャンが出演されるということだったのですが、中でも僕に強烈なインパクトを与えてくれたアンダーグランドの雄、木村三郎さんのライブがあるという情報を得たので。
共演者も見知った顔ばかり。



残念ながらトップの崎田ヒロアキくんのステージには間に合いませんでした。
久しぶりの再会をよろこんでくれた彼。

20240309_191908

出会えてうれしかった。
でもライブが観れなくてゴメン。

お店に入って一番に出会ったのがSHIGEさん。
驚きとともに喜んで頂きました。
久しぶりに観るSHIGEさんのステージは余裕の感じられるじっくりと歌い込まれた素敵なステージでした。

20240309_190021


3番手は戸田大地さん。
京都のハコで何度かお目にかかったことのある方。
もうさすがとしか言いようがありません。
グイグイと引き込むステージ、疾走感は達人レベルでした。

20240309_194350



そして本日の1番のお目当ての木村三郎さん。


20240309_202450
20240309_204428



お店をやってた時にホントにお世話になったアンダーグランドミュージシャンで、巷では名の知れたホントに僕も多大なる影響を受けた素敵な方です。
久しぶりに聴く楽曲はどれもがあの時のインパクトそのままに僕の目の前で蘇り、そして圧倒的パフォーマンスで涙が出るほどの感動を覚えました。
ホント、久しぶりに熱いステージングに大満足になったのでした。
ありがとうございました。




客席に中にも見知った顔や懐かしい方が。
キャラウェイのしんちゃん。

20240309_212715


20240309_202245


特にkeiさんなんていつぶりなんだろ?
ご挨拶し、あらためて連絡先の交換をしました。
また何かでご一緒できるといいですね。







久しぶりの再会に胸を熱くし、そして素敵なアーティストの皆さんのステージにさらに胸を熱くし、とっても素敵な夜を過ごせました。
皆さん、ありがとう!






はい、ということで明日は毎月定例のやばせKIPデー。
音蜜奏新の出番は15時からになります。
天気もよさげですので、お時間の合う方はぜひ!

310 2



今日は仕事は休み。
地元障害者支援グループ「スマイルきずな」さんのお楽しみ会ステージでした。
いつものように音蜜奏新で出る予定でいてましたが、メンバーみんなの都合が合わず、仕方なく一人で赴く予定でした。
ただ弾き語るだけなら一人でも全然いけたのですが、やはり皆さんに楽しんでもらうためにはサポートしてもらう人が必要と考えました。
そこで職場の同僚であるミハイルに一昨日土曜日の都合を聞くと昼間は空いてるとのことだったので、サポートをお願いしてみました。
事情を話すと快諾してくれ本日のイベントステージにミハイルと二人で臨むこととなったのでした。



朝10時半頃ミハイルが自宅に来てくれました。

20240224_111034

スタジオで打ち合わせとリハーサルを。
基本は僕が弾いて歌うので、振り付け等のサポートをお願いします。
僕一人で振り付けするのと二人でするのとでは全然ビジュアルが違いますからね。



12時頃にいつもの甲南青少年研修センターに赴きます。
機材セッティングし、14時前からの本番に臨みました。


セットリスト
①スマイルきずなのテーマ
②プリティ太郎
③上を向いて歩こう
④与作
⑤島んちゅう宝
⑥ポッテンポテト
⑦プリティ忍者でござる



20240224_130019


ミハイルにはウサギの着ぐるみを着てもらいました。
そしてステージや、時にはお客さんの中に紛れたりしながら僕の曲を振り付けたりして会場を盛り上げていってくれました。


今回初めての試みだったんだけど、「上を向いて歩こう」で会場中を練り歩くというのをやってみることにしました。
朝から持ち手付のポンポンを作っておいたのですが、それを持ち込みました。
同曲の時にミハイルにお客さんに配ってもらいます。

pon

そして曲を進めていきますが、間奏あたりで僕はステージから降りて客席に入って歩いて回ります。
ミハイルがうまくお客さんを誘導してくれそして皆さんこのポンポンを手にフリフリしながら後ろをついてきて歩いてくれました。
そしてこの曲が終わるまで皆さん一緒に輪になりながら練り歩いてくださったのでした。
皆さん、笑顔笑顔。
楽しい~♪

僕の思い付きで持ち込んで使ってみた小道具は功を奏し楽しい時間を演出できたのでした。



他の曲でもコール&レスポンスや振り付けの連続で皆さんに楽しんで頂けるアプローチでいい時間を演出できたかと思います。


20240224_144345

ミハイルありがとう!

そしてスマイルきずなの皆さん、本当にありがとうございました!




最後にウクレレ教室を。

20240224_153343




本当に本当にありがとうございました!



今日は毎月定例の草津矢橋帰帆島KIPデーイベントの日です。
ちかぼんと現場に朝から向かいます。
今回は帰帆島内にあるぴえさんの職場でもイベントをされ、ぴえさんはKIPデーと掛け持ちで奮闘されました。




朝は10時にまずはちかぼんとぴえさんの職場へ。
ぴえさんのプレゼンでファミリー対象で下水道の仕組みや浄化のしくみなんかを説明されます。
そこに僕とちかぼんが助っ人で参加し、僕とぴえさんでウクレレを演奏してちかぼんが歌ったりして楽しく講義を進めるべくサポートします。
「下水道のうた」を。

15分ほどして終了。
僕とちかぼんはKIPデーの会場へ移動。
ぴえさんはその場に残り次の講義の準備をされます。
KIPデーの音蜜奏新の出番は14時半からなので。

KIPデー会場に到着すると間もなくしてすなひが来てくれました。

20240211_120443


今回のKIPデーステージもすなひがギターで参加してくれるので、僕はドラムでいくことに。

20240211_120443 2

ステージにドラムをセットしていきます。
前回はフロアタムのみだったんだけど、今回はタムもプラスして3点セットにしました。
ただシンバルはなし。
ハイハットでクラッシュ代わりにしようと。



ステージは11時半からスタート。
このイベントレギュラーの琉球太鼓チームの皆さんのステージから。

20240211_111801

いいねぇ。
なんか心躍るというか。



続いてはシャボン玉体験コーナー。
こういうのって子供たちを引き付けられますね。

20240211_124012

20240211_122342






その後ぴえさんの職場のイベントの第2回目があるということで今度はすなひも交えみんなで環境財団施設のほうに移動します。

午前中の講義の時と同じような感じで音蜜奏新も参加します。
今度は僕はエレキギターに持ち替えていきます。


20240211_131201


今回は「下水道のうた」と「微生物のエレジー」と2曲やります。
ぴえさんの講義の合間にね。
楽しく進められたかと。
突然の何の前触れもなかったすなひも上手に参加してくれました。





さて、再びKIPデー会場に戻ります。
ちょうどチープスさんのステージが始まるところでした。


GGCAh5VaYAASi-2





僕たちのステージは14時半からです。



16C8B823-E7AA-4490-9550-329CC31B9637




セットリスト

①下水道のうた~マンホールは何のため?
②プリティ太郎
③ポイポイポイ
④輝く月の下で
⑤ウクレレレ
⑥街
⑦プリティ忍者でござる


すなひがギター参加してくれる時は僕はドラムでというのが定着してきたなぁ。
僕的には楽しくできたかと。
前回と違って3点セットで臨んだので、フィルフレーズも幅を広げられましたしね。
こうなってくるとシンバルもあったほうがいいかなぁなんて。

①はロックアレンジで。
②は鉄板の曲。
この曲で僕のドラムのみでいくのは初めてだ。
すなひも頑張ってソロフレーズを練習してきてくれてます。
毎回バージョンアップしてくれてて頼もしい限りです。


④の「ウクレレレ」ではメンバー全員がウクレレに持ち替え我々からお客さんに近づいていきました。
実は14時半から始まった僕たちの持ち時間の中で14:55~15:00の間を音出しない様にって言われてた(ステージ会場隣のおもしろ自転車で利用者さんへの説明がおこなわれる)のでその間にウクレレを生でやるコーナーを設けることにしたのでした。


B3FC7340-2A24-405C-902D-CFCE1266EF7D

この試みはなかなかよかったかと思いました。
観に来られてたファミリーの近くまでいってアンサンブルすることで喜んで頂けたかと。
今後もこのコーナーを入れていこう。

ラストのプリティ忍者までいつものように楽しく進めることができたのでした。




来月のKIPデーは3月10日になります。
お時間の合う方はぜひ!


今日1日にわたってお世話になった皆様、ありがとうございました。






ブログは毎日更新すると決めてやってます。
継続は大事というのが基本にあるので、やるからにはというのがありますね。

毎日書くことがよくあるねとか言われますが、一日何も考えないで過ごすことのほうがないと思うのです。
何某か考えてることがあると思います。
なのでそれを文章化してるだけの話です。
だから誰しも書く内容については問題ないと思われます。
ただ、それを毎日書き続けるエネルギーの方が大事かと思うのです。
やると決めたら絶対に続ける。
ここが一番のポイントかと。









今日は京都second roomsでのライブに音蜜奏新で赴いてきました。
バンドさんばかりのブッキングの中、2番手で出演させてもらいました。


GE2V_mnaUAAEmIP


いや~、楽しかった。
今回は最近のステージセットリストの中に1曲新曲を入れてみました。


1.プリティ太郎
2.甲賀流桃色化計画
3.輝く月の下で
4.プリティ忍者でござる


持ち時間30分の中でどの曲をいくのかというのはいつも悩むところではあります。
でも結局はいつも同じリストで行く形になってるのが現状。
そんな中、せっかくライブハウスで新しい共演者の皆さんに交じってステージをできるということなので、やったことのない曲を入れるのもありかと思ったのでした。





ちかぼんのボーカリストとしてのMCやステージング等での役割は十二分に果たしてくれてます。
音蜜奏新のバンドクオリティを上げるのに大きな存在感を示してくれてます。
そしてぴえーるのベースのグルーヴとともに。


バンドとして演奏して歌って、だけでは結局は自己満足になってしまいます。
やはりお客様にどのように楽しんで頂くのかというのは不変のテーマですから。
そんなところをバンドメンバーに投げかけ、そして応えてくれる二人と一緒にさせてもらってます。

とても楽しい時間になりました。
ありがとう。






GE0bsDTasAAsj2c

GE0xYnsagAAqPvE

GE02DiXbcAAKWkB




共演者の皆さんも素敵でした。
こういった皆さんの中に交じってできる幸せ。
ホントに楽しかった。
皆さん、ありがとうございました!




今日は毎月の定期イベント、矢橋帰帆島KIPデーでした。





朝から自治会の会議があってそちらに参加してから矢橋に向かいます。
なので僕だけ少し入りが遅くなりました。
12時頃に現場入りし機材を搬します。
今日は僕はドラムでいくということでパールのコンパクトドラムセット、リズムトラベラーを持ち込みました。
早速セッティングしていきます。


最初のプログラムは琉球太鼓チームの皆さん。
いつも通り楽しいアクトで会場を盛り上げてくださいました。

20240114_130156

20240114_123546

その間にも僕はステージ上でセッティングしていきます。

ノータムのセット(フロアタムのみ)にしました。
スネアとフロアタムでフィルは成立するように叩きます。
シンバルもないのでハイハットをクラッシュ代わりにして。


ループステーションも今まで同様使いますし、ウクレレアンサンブルの曲もあるのとで、機材セッティングはドラムだけとはいきません。
ワイヤレスシステムも二つ(マイクとウクレレ用)持ち込んでたので、そこらへんのセッティングもしていきます。





僕たちのステージは14時から始まります。
今までの反省からサウンドチェックをちゃんとしようってなりました。
外音のバランスをぴえさんに確認してもらいそれからステージスタートしました。



セットリスト

①下水道のうた~マンホールは何のため?
②プリティ太郎
③ポイポイポイ
休憩
④ウクレレレ
⑤ONGAKU
⑥輝く月の下で
⑦プリティ忍者でござる


②と③はループステーションを鳴らし同期する形でドラムを叩いてみました。
②のプリティ太郎ではループステーションはドラムの音のみなので、鳴らす必要はなかったかな。
③のポイポイ~は途中で振り付けで僕が立ち上がって踊るところがあったのでその間もループでシーケンスが鳴るのでよかったかと。
あと⑦のプリティ忍者ではループのみでみんな踊る形だったんだけど、ちょっとループの音が小さくてここも考えないとといった感でした。



すなひのボーカルは3日ほど前に急にお願いしたので彼女にとっては酷だったかと思います。
でもしっかりとボーカル&ギターの重責を果たしてくれました。

80549




今日はホントに天気もよくて絶好のイベント日和でしたね。
JBさんが観に来てくれました。
ありがとございました!

2222


まりあも用事があったのでそれが済んでから応援に駆けつけてくれました。
ありがと~

20240114_152539



そして観に来てくださった皆様、ありがとうございました。
おかげさまで楽しくステージすることができました。





次回のKIPデーは2月11日です。
気候はどうなのか、天気もどうなのか、2月なので寒くなることも予想されます。
楽しみにしておこうと思います。



2023年もいよいよ今日で終わり。

なんか早かったなぁ。
この1年は音楽活動では新たな仲間が増えていった年でした。
コロナ禍も収まってようやく本格的に色んなイベントが動き出し、僕も音蜜奏新に新たに加わった仲間とアクトに勤しんだ1年でした。
今年1年のアクトアーカイブは先日記事にアップしています。


音蜜奏新のアクトを振り返る


ライブアクトとしては2月のスマイルきずなさんのステージが今年では最初だったのか。
僕とぴえーるとの二人の音蜜奏新にちかぼんが加わってくれて、1曲だけステージにあがってもらったのがこの日。
4月に草津矢橋帰帆島KIPデーがあってここが今の音蜜奏新のちかぼんが入ったトリオスタイルの正式デビューになるのかなぁ。


ちかぼん初ステージだったんだけど、その度胸のよさで立派にデビューを果たしてくれました。
この日は天気もよくてすごくいいイベント日和なのもあってニュー音蜜奏新にとっていいデビューになりました。


そして4月末のジャズフェス。
この日にちかぼん参加のニュー音源もリリースしたのでした。

S__87769098


イベントの合間に音蜜奏新のMVの映像撮影も行ったりしてこれまたちかぼんMVデビューを果たしたのがポッテンポテトという曲。




これもいい感じで撮れたのをいい感じで編集できました。
新しい映像編集ソフトを使い始めたところで探りながらの編集で、今見るともうちょっとちゃんとできたかなぁなんて思ったりはします。



5月は帰帆島のスプリングフェスタがあっていつものKIPデーとはまた違う大きなイベントデーでした。
これはステージMCで滋賀FMのパーソナリティ井上朝子さんが来られてて、ステージ終わりにちかぼんが朝子さんからインタビューを受ける機会がありましたが、いい感じでちかぼん、渡り合ってましたね。


この後KIPデーが2回ほど連続で雨天中止になったりして、並行してちかぼんの仕事も忙しくなったりしてその間はちかぼん抜きで進めないといけない機会もできたり。
そんな時に旧知の友人であるまりあと再会を果たしたのでした。
ちかぼんの穴をまりあが埋めてくれた。
8月はまりあとぴえさんと3人での音蜜奏新でした。

76024

すなひとの再会も果たした。
上の写真はすなひも観に来てくれたので一緒にパチリ。



その後ぴえさん、ちかぼんと都合が悪かった時にすなひもピンクアフロデビューを果たし9月のスマイルきずなさんでのお楽しみ会ステージはまりあ、すなひ、僕の3人でのステージを果たしました。


S__26460180


12月のKIPデーではすなひとちかぼんの初ステージ共演になりました。

81336


すなひのギタースキルがこの時に大きな手応えを感じるに至りました。
今後の僕のステージアプローチでの違うスタイルの可能性をこの時に感じた。

同12月23日のスマイルきずなさんのクリスマス会ステージではぴえさんが病欠となった。
ということで僕はどうしようか考えた挙句エレピでいくことに。


12月5



ここではまりあも楽器隊としてのデビューステージになったのでした。
僕のウクレレレッスンを受けてくれるようになり、短時間で音蜜のレパートリーを詰め込み当日に臨みました。
そしてクリスマスツリーのいでたちで臨んでくれた。
この衣装はまりあの自作。
そして星型被り物は僕のDIY。
かなら怪しくていいじゃないですか。


その日の夜に野洲の森のくまさんで忘年会を初開催。
ちかぼんの発案に僕がのっかって今年色々と関わった皆さんに声掛けをして14人ほどで開催したのでした。
これまた楽しい企画となり、音蜜イベントの最後をいい形で飾ることができたのでした。





本当に1年、色んな方々と御縁が紡げました。
そしてイベントでは毎回楽しい時間を過ごせた。

レッスンも今年は増やそうと取り組んで少しですが生徒さんも増えました。
来年はさらに増やすべく取り組もう。



音蜜のイベント出演は来年も今年と同じようなペースで進むかと思われます。
僕のアプローチはレッスンを増やしたいのに加え、僕の曲でのMVを作っていきたいのがあります。
音蜜でのMVだけでなく、他にも女性ボーカルの人に声をかけてて、そんな方々ともMVを作っていこうなんて思ってます。






来年はどんな年になるのかなぁ。
楽しみ。


このページのトップヘ