寿音楽

Kotobuki sounds たけの音楽発信。笑顔を届けに参りまする。

カテゴリ: 楽器

ギターアンプに備わってたワイヤレスシステムを使ってたんだけど、なぜか音が鳴らなくなっちゃった。
どうしようかと思って以前2000円代のをネットで買ったことがあってまだそれが残ってるのを思い出した。
で、こないだそれをつないで鳴らしてたら時々ブツブツと音が途切れる。
これ、本番でこうなったら嫌だなって思ってこの個体は諦めることにしました。



で、Amazonと御用達のサウンドハウスで物色しててAmazonは最近届くのが遅いのを考慮してサウンドハウスで買うことにしたのでした。
そんな中で一番安かったのがこれ。


wireless




レビューを見てもまぁ大丈夫かと判断。
価格は6280円。
ということで今日払い込んできたんだけど、早速商品発送しました通知メールが届きました。
明日、明後日のイベントには間に合いませんが、25日の土山SAのイベントには間に合うか。
あ、でもそれまでに路上に行くと思うのでそこで使い勝手を確認できるなぁ。




先日の甲西駅前路上アクトより「甲西駅ベイベー」を。





世間はゴールデンウィークでずっと連休で休みの人も結構いらっしゃるのでしょうか?





僕はカレンダー通りでさえなくて自らの都合で休みが欲しい時には申請を出して調整してもらい休む感じです。
基本的に毎回休みなのは日曜日だけ。
そんな感じなものですから、ゴールデンウィークの休み感みたいなのは僕の中では皆無なわけです。



そんなゴールデンウィーク中の3日と5日にイベント出演が決まってます。



5月3日(金・祝) [start] 11:00〜15:00頃 [place] 道の駅 あいとうマーガレットステーション(屋外イベント広場)



●5月5日(日) ■ 「ウクレレCafe@Second Rooms」 ●出演: 音蜜奏新 / 'olu’olu LemonTea / かもレレ ●17:00 open 18:00 Start ●参加費¥1,000+¥1,000(2dr込)=¥2,000 ●場所 Second Rooms 〒617-0002 京都府向日市寺戸町西田中瀬3-4FORUM東向日1(3階) ●電話 070-5666-1081 ●E-Mail secondrooms@live.jp ●HP http://www.ilfmusic.com/secondrooms.html 〈本番〉 18:00-18:25 音蜜奏新 18:30-18:55 'olu’olu LemonTea 19:00-19:15 かもレレ 休憩 19:30-20:30 飛び入り&セッション 20:30-20:45 全員演奏(歌は歌える参加者) ※上を向いて歩こう キーC  ※オー・シャンゼリゼ キーC


お時間の合う方はぜひ!











今はエレキギターをメインにアプローチしています。最近エレキギターをいくつか買い求め、それらをローテーションしながら使ってます。
ブルーのアイバニーズが一番最新ギター。
その前に買ったのがピンクのテレキャスター(プレイテック製ですね)。

で、それらのギターと以前中古で買ったストラトキャスターの3本を順繰りつかってるとね、やっぱストラトが一番弾きやすいという結論に達した。

抱えた時の感じだけでなく、例えば個体の持ってる機能性みたいなものですね。
ギターを抱えた時にジャックにケーブルを差し込むのにジャックが本体の表側にあるのがまずはいい。
ギターを提げてる状態でジャック穴が見える。

これは他のギターは本体下部の側面についてるので、ギターを提げた状態だとジャック穴が見えないんです。
これだとケーブルをさす時に本体を持ち上げジャック穴を見えるようにしてでないと差し込みにくいというわけなんです。

ストラトはね、ジャック穴が見えてるからサッと差せる。
これはこのギターをチョイスしようという大きな理由にもなり得る。



あとはトレモロアーム。
青のアイバニーズのトレモロと比べてもやはり操作性がいい。



20240210_170222 b


うん、次に買う時は絶対にストラトにしなきゃ。


は一応マルチプレイヤーです。
一応と記したの色んな楽器は弾けるんだけどどれもが極めてるわけではなく、ちょっと弾けるといった感じのもあるので(苦笑)。





楽器遍歴だと、まず若い頃のドラムから始まってその後ピアノ、ウクレレ、カホンやジャンベに手を出し、そして50代前半に取り組み出して今に至るギターといったところ。
そうそう、ビートルズコピバンではベースにもチャレンジしました。
コピーをすることで原曲に沿って練習もしたので、ちょっとは弾けます。

20240210_170212 b


これらの楽器はライブでやるのにそれなりに駆使できるレベルです。
ドラムは長らくレッスンも受けてます。
ちょっとは以前に比べて叩けるようにはなってきたかな。
最近は自身のバンドでドラムを叩く機会も出てきてようやくレッスンの成果が試せるようになってきたね。

ウクレレは弾き語り用ですね。
今でもステージでウクレレアレンジの曲もあるので使ってます。
レッスンもやってるので自身のウクレレ需要はわりとあります。


パーカス類はまぁそれなりに。
カホン、ジャンベ、コンガ。
今はコンガがお気に入り。
あらためて中古でコンガを求めたりして、レコーディングで使ったりレッスンで使ったり。

F7cEWHxbUAARBXc




鍵盤類には色々取り組んできました。
シンセサイザーは今はALESISの47鍵のやつが1台だけ常に弾けるようセットはされてますね。

シンセは音楽に取り組み出した頃にテクノミュージックにはまってたので、かなり当時数多く保有しましたが今は1台だけになっちゃった。

テクノをやるために電子楽器を買っては処分して、みたいなことを繰り返してきたので過去に保有したシンセはたくさんの種類があるのですが、結局はほとんど手放したので前述の個体以外は何もないということです。
 

それだけ保有したシンセなんだけど、それで手弾きを練習したわけではなく、音色をそこで追求してただけなんですね。
なので、そこでは自身のプレイスキルはその時には磨かれませんでした。
なんせ自動演奏をメインにしてて、弾けないことを「コンピューターがやるから人間は演奏しなくてもいいんだ」みたいにかっこつけて言ってましたから(笑)。
後に演奏できないのではダメだというのに気付くのですが。



ピアノを練習するようになったおかげで鍵盤プレイがちょっとできるようになり、今はレコーディングではよくシンセを弾いてます。
テクノ風味にピコピコ音を手弾きで加味してみたり。
わりとそれで楽曲自体が華やかになってる感もあってシンセスキルは自分の中ではちょっとはイケてるかなって(笑)。


音楽を始めて数年間は僕自身テクノにはまってたのですがその時期を過ぎてようやくピアノを練習するようになり、近所の教室に習いにも行きましたし、僕のマルチプレイヤーへの道がスタートしていきます。
今はスタジオにKAWAIのアップライトピアノがセットしてます。

20240210_170256 b




あと鍵盤だと、アコーディオンやアンデス、ピアニカ等が家にあす。
そこら辺もまぁそれなりに弾けます。

アコーディオンは実は一時期ちょっと練習しました。
蛇腹のとこについてる左手で操作する和音が出るボタンも含めちゃんとアコーディオン奏者として少しくらいは弾けるようになろうと思って練習に取り組んだんですね。
しかし、ちょっとやって頓挫してしまい、しっかり弾けるところまではいってない。
なのでアコーディオンに関しては蛇腹を操作し右手で鍵盤を弾くことはできますが、ボタンが扱えないので伴奏者としてちゃんと弾けるとは言えないかな。

アンデスはピアニカと同じようなアプローチの鍵盤楽器。
鍵盤ハーモニカの類いになりますね。

どちらかというとリード楽器の意味合いが強く、メロディやオブリでプレイする感じです。

あとはちょっとかじりだと、三線や三味線。
あ、ホントにちょっとかじりですから、ちょっと弾ける程度です。
なんかベンベンとそれっぽく曲のメロディをなぞりながらちょっとフィルを入れたりしながらみたいな感じですね。
それっぽくやってます。


手作りですが、胡弓もちょっと弾けるレベルかな。
こちらも我流なのですが、手作りのやつなので、ホントに弾けてると言えるのかわからないレベルです(^_^;)
まぁ、でもなんかそれっぽくやってます。




僕のマルチぶりはそんな感じです。


昨日夜は仕事終わりに訪問ギター教室に赴きました。
まだ入会頂いて日の浅いご婦人なのですが、毎回すごく上達されていかれるのでいつも驚かされてます。
ホントにすごい。


お話を聞いてると練習するのが楽しいとのこと。
絶対に伸びるパターンの方ですよね。

これからが楽しみです。





で、その時に持っていったギター、エレアコなのですが、僕が9年ほど前にやってたユニットでメインギターとして使ってたやつです。

2024 3 5 ag


いつだったか、弾いてたら弦が切れてしまい、その時に全部の弦を外したっきりスタジオの壁に掛けたままになってたのですが、久しぶりに降ろして新弦を張って弾いてみたんです。
するとね、すごく弾きやすくて驚いた。

こんなに弾きやすかったっけ?

僕が9年前に使ってたアコギで、当時は当たり前のようにライブで弾いてたんだけど、久しぶりに弾いたら弾きやすかったんです。

なんかね、ちょっと感動さえ覚えました。
ボディは少しスリムでスタイリッシュ。
抱え心地もよくって、そして弾きやすいんですものね。

これをしばらく放置しといたんだ。
もっと弾かないと。
もったいないよね。


ただ、今はメインはエレキギターなのでステージでは出番がない。
なので、レッスンとかで使えはいいじゃん。





ということで復活したエレアコのお話でした。


昨日買ってきたミニサイズギターは訪問レッスン用にと思って買ったんだけど思いの外弦高が高くて弾きにくくて。





あ~ぁ、と一旦落胆しますが、ふとスティールギタースタイル専用ギターにできないかと思い直し、あらためてさらに高いサドルに変えて弦高をさらに高くしてみることにしてみました。
スライドバーでプレイすると弦高が低いとフレットに弦が触れてしまいます。
フレットに触れるとスライドフレーズがちゃんと鳴りません。
なので弦高を高くするというわけなんですね。

どれくらいが適正なのかわからないので、一番高いところで1センチくらいの高さにします。
家にあったサドルをブリッジの溝に入れようとするとその幅とサドルの幅が合わなくて入らなかった。
なので、削ってはいるよう調整していきました。

入ったら早速チューニングしてプレイしてみます。



Twitter動画はこちら



こういったスタイルで演奏する人を生でも見てきていつもかっこいいなぁなんて思ってました。
でも自分がそれにチャレンジするとは思ってもなかったので、ある意味その部分では嬉しかった。
別の意図で買い求めたものがダメということがわかり、落胆してたら、違う形で、しかも以前から憧れてた形に昇華できたのがね。


リゾネーターギターが欲しいなとは以前から思ってはいて、ヤフオクとかで安く出品されてないかよくチェックはしてたのですが、わりと高くて手が届かないものの一つではありました。

rizo gt
※リゾネーターギター





これを首から提げて水平にし、スライドバーで弦を押さえてプレイするというスタイルは憧れのスタイルでした。
なのでリゾネーターを手に入れたらチャレンジしようとは思ってはいたんだけど、新品でなんて高価で買えないし、中古でも安く出回ってない。
ということで憧れだけで終わってた。

しかしリゾネーターではないんだけど、まぁザクっとそれっぽく演奏できる機会を得られたというわけです。
なので、まぁよしとしておこうみたいな感じかな(^^;)



知人ミュージシャン、やまちゃんのプレイスタイル。
スティールギタープレイはホントにかっこいいんです。

そしてこの人の器用さとMCの饒舌さはある意味別次元だと思ってて。
僕の中で憧れの人でもあります。
こんな風になれたらいいななんて。


yamachann





今日は仕事は休みでした。
レッスンが予定に入ってたんだけど、キャンセルになり1日予定は空いてしまいました。







訪問レッスンに持っていくアコギで小さめのが欲しいななんて思いました。
水口の2nd STREETにフラッと行きます。
何か掘り出し物はないかなんてね。
昨日楽器の断捨離だとかブログで書いたわりにね(笑)。


行ったら思ってた小ぶりのアコギがめに飛び込んできました。
手に取って試奏してみたりしながらしばらくそこで迷ってたんだけど最後は買うことに。
3600円。




3600円ならまぁ外れでもいいかななんて思って買ってきたんだけど自宅で弾いてみたらこれが外れだった(苦笑)。
お店で何度か手に取って弾いてみたのになぁ…。
弦高が高かったんです。
自分なりに調整したみたんだけど、やっぱうまくいかず。
普通のプレイでは弾きにくい。




ということで考えた末、スティールギタースタイルで弾いてみたらどうなんだろ?っていうところに行きついた。
ブリッジのサドルをついてたのを外してさらに高くなるようなサドルに交換しました。
さらに貼り付けピックアップも家にあったんでそれも貼り付けます。

2024 3 5 ag steel






ということで弾いてみた。


2024 3 5 ag steel2

スライドバーは以前百均で買ったミニガラスボトルを使います。
その時は買ったけど使えないなぁなんて思ってたやつ。
指にはめて普通のギタースタイルで弾く時はやっぱ普通のスライドバーがいいやって思って使わなくなったのですが、こういったスティールギタースタイルだと、その大きさのため持ちやすくて操作性がよくって。





で、肝心の訪問レッスンの時用のギターをどうしようかと考えて、弦が切れてから外してしまって長らく使ってないエレアコがあるのを思い出し、それに弦を張ってみました。

そして弾いてみたらなんとも弾きやすくてよかった。
そうだ買った当時はメインギターとして使っててその弾きやすさでお気に入りの1本だったんだよなぁ。


2024 3 5 ag

これボディは少し小ぶりで厚みも少し薄めのタイプ。
これを訪問時用にしよう。






そんなこんなで1日が終わりました。



長らく音楽をやってきて、ここにきて自分の周りにやたら楽器が増えてきてるのを実感するようになってます。






特に最近はDIYで楽器作りや楽器のカスタムメイドをしたりすることが増えてきてますし、そのわりに作ったものはあとは放置だったりすることもあって近年楽器増加に拍車がかかってる。



自宅裏にスタジオがあってそこにたくさん置いてますが、二つある物置小屋もそんな楽器類でいっぱいになってます。
そして毎日のパソコン作業をする部屋にも楽器が溢れだしてる。
以前奥方にも「散らかってるのはあんたのものばかりやで」と釘を刺されたこともありました。
しかし今はあきらめてるのか言わなくなりましたが。





さすがに僕もこのままじゃダメかと思いだすようになってきました。
少しずつですが処分しだしてます。
物置小屋にあって全く使ってないエレピは先日廃品回収に出しました。
またエレキギター二本をすなひやまりあに提供することにしました。


三味線や三線もカスタムしたりDIYで作ったりして結構あります。
そのうち三味線の糸巻をペグタイプにカスタムしたのが2本あって、これも処分しようかと思ってて。
知人のミュージシャンに一度伺ってみようと思ってます。
もらってもらえるのなら差し上げよう。


20240304_231225


ケース付き。
ペグ式なのでチューニングはしやすいと思います。




ウクレレもたくさんありますが、これはまだレッスンで貸し出し用とかもいるのでおいておかないとね。
むしろまだ増やしたいくらい(^^;)





あと手作りの胡弓とかもあるんだけど、これは特殊すぎて欲しい人はないだろうしね…。
またうちに来られた人でこれ欲しいっていうのがあればぜひおっしゃってください。





ウクレレをもらったんでまずはペグの改造から始めました。
木製のペグだったので安定性や操作性をあげるためにね。

GG0qRlhbYAEuhKR



うちにあった二段式のペグに変えるよう細工していきます。
ペグ穴を少し大きく加工しペグを穴に差し込んでみます。
するとペグの高さが高すぎて弦を張っても浮いてしまうことが判明。
ということでヘッド部裏側に当て木をし、ペグの高さを調整することにしました。


GG03AIQaYAAYVrT

木工ボンドでくっつけました。
一旦このまま放置、接着剤が乾くのを待ちます。





仕事が終わって帰宅。
接着剤は乾いてました。

今度は黒にカラーリングを。

GG3R5rXaYAAbZuF


乾いたらペグを取り付けていきます。
うちにあったペグの在庫からチョイスし、ちょっと不揃いですが。

GG3doMfaAAAdItf

GG3doNYaUAAlLkJ



今日はここまで。
また後日続きをやります。



以前ちかぼんのお母様がウクレレを拾ってきたとちかぼんが言ってたことがあったんだけど、先日またそんな話をちかぼんから聞いて、2回目だね、よく拾うねなんて言ってて、そうなかなかウクレレを拾うことってないよなぁなんて思ってました。
よっぽどアンテナを張っておられたのか(笑)。

よし、僕もギターを拾うぞ!
そこら辺に落ちてないか下ばかり見ながら歩こう(笑)。




その拾ってこられたウクレレをちかぼんからもらったんだけどペグが木製のタイプなんですね。

20240220_074731

20240220_074724


やはりちょっと安定性にも欠ける部分もあるので、新しいのに変えようかと思ってます。
以前ならそんなことも思わなかったんだろうけど、楽器DIYをするようになってペグ交換くらいならそんなに苦に思わないようになりました。
ペグのパーツが今まで使って残りとかが色々とあってその中から使えそうなのをチョイスしてみようかなぁ。

20240220_235048


またもらったウクレレなんで、ちょっとくらい見栄えをカスタムメイドしてもいいかとも思ってて、以前フラワーアレンジばりに(笑)派手に造花の花びらで飾り付けしたのもあるのでそんな感じにビジュアルを派手にしてみてもいいかなとも思ってます。


今度の日曜とかにやってみようかなぁ。


今日は日曜日で仕事は休みですが、特に出かける予定もなく。
昼から自治会の役員会議がありましたが、それくらいで。


合間にレコーディングを進めました。
曲は「バクテリア」というアメリカンロックテイストの1曲。

すなひに歌ってもらうつもりで進めてて、昨日の訪問レッスンでMTRを持っていってレッスン後に録ってみたのですが、ちょっとすなひにとってキーが高かったようで歌いにくそうにしてました。
キーはGです。
すなひのボーカルにとってどこのラインが美味しいのかがまだわかってなくて、とりあえずこんなものかとやってみたのですが高かった。
ということでEに下げてもう一度一から録り直していくことにしました。

MTRの同曲のGバージョンは残しておくことに。
これをコピーしてバクテリア 2 としてドラム以外のトラックを消してもう一度録り直していきます。
まずピアノからいきました。

そしてギターコードバッキング。
リードギターkは3本重ねました。
シンセのエレピサウンドでギターリフとユニゾンで被せます。

最後にスライドギターソロを。
最近アレンジする曲はみなロックアレンジで、スライドギターは必須みたいになってますね。
スライドギターを録るのには今まで使ってたストラトを使います。


20240210_170222 b

新しいブルーのストラト、アイバニーズのはちょっと弦高が低くてスライドバープレイをするとフレットに触れてしまう。
スライドは弦高が高めのほうがいいっていうのがわかりました。
ということでベース以外はオーバーダブ完成。
あとはぴえさんにベースを被せてもらおう。


Twitter動画はこちら











ギターソロの練習をしています。
基礎練みたいなのが嫌いで地道な運指の練習みたいなのはしてません。
バッキングをループサンプリングしそれをバックにひたすらソロを弾きまくるみたいな感じです。
でもこれだとある程度いくとそこからなかなか伸びなくなるなというのも感じてて。
やっぱり運指の練習だとかスケールを繰り返して弾くだとかいうのをやらんとあかんのかなぁなんて思ったり。
う~ん…。


Twitter動画はこちら






楽器が自宅に結構な量があってちょっと処分しないとなって思ってみたりしています。





まずエレキギター。
ここ最近新品を手にしたことで中古品で買って使ってないのギターをすなひやまりあに貸したりしてて。

pg2


でももうそのまま進呈しよう。
自宅にあっても使わないしね。

すなひやまりあが新しいのを買ったら処分してもらったらいいし。





ちょっと前に買ったピンクのテレキャスター。
何度かライブで使いましたが、最近使わなくなりました。
これはサウンドハウスで買った1万円代半ばの廉価版テレキャスなんだけど、テレキャスみながそうなのかはわかりませんが、意外とヘッドとボディとのバランスがストラップで肩から提げた時によくなくて、ヘッド側が下がってしまう。
支えてる左手を放すとヘッド側が下がるんです。





そんなのがあって、ライブステージでは使わなくなりました。
でもギターとしては廉価版ではあったんだけど、そんなに状態は悪くなかったんで、また使える時に使おう。








先日長らく物置小屋の肥やしになってた古い電子ピアノも廃品回収に回した。
今は処分する時にお金がかかるので無料で回収してもらえるのならありがたいくらいですから。
かなり重量もあってある種厄介者でもあったので処分できて安堵してるくらいです。





DIYで作った三線やら三味線やらもわりとあって。
これも希望する人があるなら差し上げます。

20240216_235558b



先日のKIPデーステージでは僕はドラムを担当しました。

16C8B823-E7AA-4490-9550-329CC31B9637



すなひがギターで参加してくれたのでそうしたのですが、一つはすなひのギターレベルが任せても大丈夫だと踏んだからなんですね。

今は僕の音楽教室の生徒なんですが、学生の頃からの経験者ではあったので全くの初心者ではなかったのもあって、レッスンを進めていくにつれどんどんとレベルアップしていかれました。

レッスンで伝えていくことを着実にモノにしていってくれる飲み込みの早さも助けて音蜜奏新の曲も課題にしながら進めていきますが、いずれも着実にモノにしていく。
そしてやがてギターを完全に任せていけるレベルに達してると判断したということなんですね。

そして先日のステージというわけです。
僕は自分のドラムのことだけに専念しててもあとはちゃんとやってくれるレベルだったということ。




では僕のドラムはどうだったのかというと、う~ん、まぁ及第点かと。



このKIPデーでドラムを持ち込むのは2回目。
前回はスネア、バスドラ、フロアタム、にハイハットのセットにしたんだけど、今回はもうひとつタムも持ち込んで3点セットにしました。
これでフィルの幅は広がった。

d k

でもシンバルはハイハットのみなので、シンバルアクセントはハイハットでいきました。
次回はシンバルも持ち込もうかと思ってます。

しかしこのパールのリズムトラベラーという商品なのですが、なかなかのスグレモノですね。
携帯性は高いですしね。
普通のドラムセットに比べるとかなりコンパクトです。
バスドラは14インチですから普通のに(20インチ)比べるとかなり小口径。
そしてタムもフロアタムもスネアも全部バスドラにマウントできるしね。


タムのサウンドもパーカッシブで好みです。
バスドラの音量も充分だし。






長年ドラムレッスンを受けてきて、ようやくライブで披露出来る時がきた。
企画ものやサポートで1~2曲叩くのはありましたが、セットリスト全曲でドラムを叩くのは初めてのこと。
あとはすなひが参加してくれる時でないとドラムはできないので、当面はKIPデーでのみとなりますが。


次回は3月11日になります。
ぜひ遊びにお越しくださいませ。




先日記した自分のスタジオがある話。






色んな楽器が常設してて好きな時に自由に演奏できる便利さを記しましたが、色々ある楽器は基本自分が演奏できるものを置いてるわけで。



僕が音楽を嗜好にし出したのは20歳の頃。
友人からバンドを一緒にやろうって声をかけられ僕はドラムをすることに。
親戚の叔父さんが昔バンドをやってたので叔父さんが使ってたドラムセットを借りにいき、そこから僕のミュージックライフがスタートしました。

写真は20代前半にやった初ライブの時のものです。

20




しかしドラムは我流でやってて個人練習もほとんどしなくて、あまり上達もしないまま飽きてしまい、その後YMOにはまったところからシンセサイザーにはまっていきます。





バンドスコアを買ってきてシーケンサーに打ち込み自動演奏をさせて喜んでたのでこれまたあまり演奏の練習をしないまま過ぎていきます。


やがてピアノが弾けるようになりたいと思うようになり、近所のピアノ教室に少しの間通います。
この時点でようやく基本みたいなのを習うことになり、楽器演奏に対するスキルアップが図れることになります。



やがてピアノ弾き語りでライブもできるようになりますか、今度はウクレレに手を広げることになる。
少し経験者に教えてもらい、あとは我流でやり進めます。
この時に弦楽器に対する苦手意識は少し軽減されます。
ライブもピアノとウクレレの2本立てで弾き語りスタイルでやるようになります。

また同時にジャンベやカホンにも手を広げ、これまた我流で取り組みますが、こちらは自分に合ってたのかそれなりに叩けるようになっていく。
これは人のステージでサポートゲストで1~2曲カホンを叩く、みたいな形でステージ経験も積んでいきます。





そして50代になってようやく手にするのがギター。
少しずつ練習し、弾けるようになってくるとそれまでの弾き語りスタイルの中にギターを使う曲も少しずつ増えていきます。
そしてやがてギターだけで弾き語りをするようになります。


そして今に至ります。
こうやって僕は浅いながらもマルチプレイヤーになったとです(笑)。



でもね、浅いんだけど、色んな楽器ができることでレコーディングは一人多重録音でバンドアンサンブルが作れてしまうのはホントにやってきてよかったなって思うんです。
うん、ホントに。

めでたし めでたし(笑)




うちの自宅裏に狭いですが、スタジオがあります。
そこは僕のアジト。
僕の音楽アプローチの拠点になってます。






バンドのリハーサル、音楽教室、そして音楽製作もここで賄える。
特に音源製作が自由に行えるマイスペースの存在ということで僕にとっては至福な時間を演出してくれるとても大事な場所になってます。

そんな音楽製作を行うのにおいて、僕は基本的にバンドサウンドを構築するというのがベースになってます。
ギターがあってベースがあって、ピアノ、そしてドラムというのが基本。
そこにシンセやらパーカッションやらをオーバーダブしていき、音源として完成させていくというわけです。



最近はエレキギターをメイン楽器としてやってます。
最近買った青のこいつはお気に入りのひとつ。
弾きやすくていい買い物したと思います。
今は毎日弾いてますね。

20240210_170240 b

20240210_170222 b20240210_170305 b

そしてストラトにテレキャスも可愛い愛器です。
アコギはジャンボタイプのもので訪問レッスン、レコーディング等で使っています。


20240210_170256 b

アップライトピアノ。
ちょっと前に調律してもらったとこ。
レコーディングでは大活躍の僕の相棒です。



20240210_170300 b

ドラムは主にレコーディングでのみ使うローランドのエレドラ。
ラインでMTRに直接つなげることが出来るので、以前の生ドラムをマイクでひらってレコーディングしてた時より格段に便利になりました。




zoom r24



そしてZOOMのR24というMTRは僕のレコーディングでは欠かせないメインツールです。
ここから音蜜奏新のサウンドが生まれていきます。

今日は昼間にすなひのオリジナル曲をプロデュース、レコーディングしてました。
ほぼ完成。
ムービーメーカーで映像編集してみました。

Twitter動画はこちら







明日はKIPデー。
楽しみ。




S__50831381



エレキギターで一番最初に手にしたのは中古のセミアコだったんだけど、それイベントの時に持ち出し、リハをしてる時にスタンドごと倒しちゃってネックが折れてしまいました。
一旦自分で木工ボンドでくっつけて直してみて直ったかに見えたんだけど、やっぱりしばらく使ってたらそこからまた折れてしまいました。
そこでそのギターは諦めた。




その後リサイクルショップとかでエレキギターを買っていきますが、みな中古ばかり。
フェルナンデスのストラトを3本ほど中古で買いましたがいずれもそんなに悪くはなかったし、それらがしばらくは僕のメインギターとなってました。
でもね使ってるうちにやっぱり新品の個体が欲しいななんて思うようになっていきます。




そして待望の新品を手にしたのはサウンドハウスでのチョイス。
テレキャスが欲しかったんですね。
ピンクのをチョイスしました。
1万円代半ばくらいのプレイテック製。

弾き心地もそんなに悪くなく。
ただね、ストラップで提げてるとヘッドが下がってくる。
テレキャスってそういうものか僕の持ってる個体がそうなのかはわかりません。
やがてあまり弾かなくなり、また中古のフェルナンデスに戻っていきます。



やっぱり新品ギターが欲しい。
ネットで買うつもりであれこれと物色してたのですが、結局はアイバニーズ製のに決めました。

届いて手にし弾いてみますが、これも弾き心地がよくて満足のいく個体でした。


GFPvEKbbwAAJ7i-

ブルーのストラト。
弾き心地はばっちり。
弦高は低く調整されてて、ノーマルプレイなら何等問題はないのですが、ただスライドバーを使う時にはちょっと弾きにくいかなって感じです。


まだステージデビューしてません。
いつになるかなぁ。





このページのトップヘ